2007年09月06日

[TX]Blazerで日本語ページを読む

以前

[TX] CJKOS+NetFront用Delegate
http://gtbleds.seesaa.net/article/47636368.html

こんな記事を書いたわけだが、やはり小手先の技では、いろいろ不具合が出るわけで、しばらくカスタムROMのNetFrontで満足しておりました。

[TX]禁断のカスタムROMの作成
http://gtbleds.seesaa.net/article/49385977.html

ところが、最近このような素晴らしいものを発見!

palm-ja-proxy
http://palm-ja-proxy.sourceforge.jp/

なんと、CJKOS+Blazerというコアな構成は私と同じで、かなり本気モードでBlazerで日本語表示をしようとしている。これはインストールしなければ!

とりあえず最近DebianからUbuntuに入れ替えた自宅サーバにダウンロード。Rubyで書かれているので、Rubyは必須。で、aptでサクッとインストール。そして、blazer-ja-proxyをインストール!

TXにプロキシ設定後わくわく!

HRCapt20070906231335L.bmp

おおっ!で、設定したユーザ名&パスを入力!

HRCapt20070906230753L.bmp

おおっ!×2。とりあえずフツーにGoogleニュースが見れた!色々巡回するも特に問題はなし。レスポンスもいいぞ!・・・と思ったらGoogleReaderが文字化け・・・見てみると文字コードは変換してるし、metaタグでもエンコード設定も入っている。うーん何でだろう!

とりあえずその他は問題なさそうなのでしばらくこれで行くことにする。なんだかんだ言っても標準のブラウザなので、使えればこれが色々と都合がいいのだ。


でも、Blazerはプロキシのユーザ名とパスワードを記録してくれないので、これが少し面倒くさい。まぁ、TeikeiDAとかで少しは楽できるのだが・・・
posted by いのたん♪ at 23:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

[TX]禁断のカスタムROMの作成

まえから、1srcで他人の押し付けROMが出回っていたのは知っていたが、Treo650みたいに自由度がないのと、日本語化ソフトをいれれないので、あまり意味がないと敬遠してきましたが、どうも、自由度は高くないがある程度のカスタマイズが可能になった感じ。

http://www.1src.com/forums/showthread.php?t=112779&page=17&pp=15

で、早速やってみた!(^^;
以下俺流の独り言、真似してどうなっても自己責任!

・ROMツールダウンロードする。
http://palmtx.da.ru/system/TXUpdate.zip

・解凍して、Cドライブのルートにコピー
C:\TXUpdate

・dmitrygrさんのカスタムROMをダウンロードする。
http://www.palmpowerups.com/file/TX2.ROM.zip?uniq=56

・ワークディレクトリを適当に作って解凍
C:\Work\Palm

・純正ROM(Wifiのセキュリティアップデート用)をダウンロードする。(有料!$5.99)
Wi-Fi Enterprise Security Update for the Palm® TX handheld

・さっき作ったワークディレクトリに解凍
C:\Work\TX_Security_Upgrade

・C:\Work\Palm\TXUpdate内の
overflow.zip.a.pdb
overflow.zip.b.pdb
overflow.zip.c.pdb
overflow.zip.d.pdb
overflow.zip.e.pdb
を、C:\TXUpdate\Inputにコピー。

・ファイル抽出
コマンドプロンプトをあげる。
>c:\
>cd C:\TXUpdate
>_disarc.bat
で、C:\TXUpdate\Files内に展開される。

・C:\Work\files\dmitrygrを作成し、C:\TXUpdate\Files内のファイルすべてを"移動"する。

・C:\Work\TX_Security_Upgrade\Palm\TXUpdate内の
overflow.zip.a.pdb
overflow.zip.b.pdb
overflow.zip.c.pdb
overflow.zip.d.pdb
overflow.zip.e.pdb
を、C:\TXUpdate\Inputにコピー。

・ファイル抽出
コマンドプロンプトをあげる。
>c:\
>cd C:\TXUpdate
>_disarc.bat
で、C:\TXUpdate\Files内に展開される。

・C:\TXUpdate\Files内のファイルをC:\TXUpdate\Doc\2DELETE.TXTを参考に削除する。これらは最低限消しても大丈夫らしい。個人的にはDocsToGoやVersaMailもいらなかったので、1srcを参考に消した。

・C:\TXUpdate\Files内に追加したいファイルを追加していく。


が、この削除と追加が難しい。何でもかんでも削除すればいい訳でなく、追加してもいい訳でなく、しかも、出来上がりのファイルサイズの制限が上下ともにあるので、ファイルが少なすぎても多すぎてもいけない。。。


以下私の削除したファイルリスト。バッチファイルにしてたので、そのまま掲載。VersaMailに迷いがあるのはご愛嬌・・・(remの行は削除してない)


echo "delete file from TX ROM update"
echo "Video & audio demos:"
del 100.asf__512k_a
del 100.asf__512k_b
del 100.asf__512k_c
del Disko.pdb
del Lamasbonita.pdb
echo "Wallpapers:"
del 1.jpg
del 2.jpg
del 3.jpg
del 4.jpg
echo "AddIt & components:"
del AddItDV.prc
del AdditSync.prc
del AddItVault.bprc
del AddItVault_deDE.oprc
del AddItVault_enUS.oprc
del AddItVault_esES.oprc
del AddItVault_frFR.oprc
del AddItVault_itIT.oprc
del AddItVault_ptBR.oprc
del deDE_AddIt_data.pdb
del deDE_AddItMyDV-Content.pdb
del deDE_AdditNewsDV-Content.pdb
del deDE_AdditShopDV-Content.pdb
del deDE_AddItStart-Content.pdb
del deDE_AdditTryBuy-Content.pdb
del enUS_AddIt_data.pdb
del enUS_AddItMyDV-Content.pdb
del enUS_AdditNewsDV-Content.pdb
del enUS_AdditShopDV-Content.pdb
del enUS_AddItStart-Content.pdb
del enUS_AdditTryBuy-Content.pdb
del esES_AddIt_data.pdb
del esES_AddItMyDV-Content.pdb
del esES_AdditNewsDV-Content.pdb
del esES_AdditShopDV-Content.pdb
del esES_AddItStart-Content.pdb
del esES_AdditTryBuy-Content.pdb
del frFR_AddIt_data.pdb
del frFR_AddItMyDV-Content.pdb
del frFR_AdditNewsDV-Content.pdb
del frFR_AdditShopDV-Content.pdb
del frFR_AddItStart-Content.pdb
del frFR_AdditTryBuy-Content.pdb
del itIT_AddIt_data.pdb
del itIT_AddItMyDV-Content.pdb
del itIT_AdditNewsDV-Content.pdb
del itIT_AdditShopDV-Content.pdb
del itIT_AddItStart-Content.pdb
del itIT_AdditTryBuy-Content.pdb
del ptBR_AddIt_data.pdb
del ptBR_AddItMyDV-Content.pdb
del ptBR_AdditNewsDV-Content.pdb
del ptBR_AdditShopDV-Content.pdb
del ptBR_AddItStart-Content.pdb
del ptBR_AdditTryBuy-Content.pdb
echo "T-Mobile & components:"
del arrow.gif
del back_arrow.gif
del btn_ready2sign.gif
del btn_signup.gif
del hdr_tmobile.gif
del hdr_tmobile_new.gif
del next_arrow.gif
del tmobile.css
del tmobile_benefits.html
del tmobile_benefits.jpg
del tmobile_hotspots.html
del tmobile_index.html
del tmobile_lady.jpg
del tmobile_lady2.jpg
del tmobile_lady3.jpg
del tmobile_man.jpg
del tmobile_man1.jpg
del tmobile_rooftop.jpg
del tmobile_signup.html
del tmobile_singup.jpg
del tmobile_singup1.jpg
del tmobile_support.html
del tmobile_support.jpg
del tmobile_support2.jpg
del tmobile_uses.html
echo "Tutorials:"
del Tutorial.bprc
del Tutorial_deDE.oprc
del Tutorial_enUS.oprc
del Tutorial_esES.oprc
del Tutorial_frFR.oprc
del Tutorial_itIT.oprc
del Tutorial_ptBR.oprc
del TutorialApp.bprc
del TutorialApp_deDE.oprc
del TutorialApp_enUS.oprc
del TutorialApp_esES.oprc
del TutorialApp_frFR.oprc
del TutorialApp_itIT.oprc
del TutorialApp_ptBR.oprc
echo "VersaMail:"
rem AirSAM.bprc
rem AirSAM_deDE.oprc
rem AirSAM_enUS.oprc
rem AirSAM_esES.oprc
rem AirSAM_frFR.oprc
rem AirSAM_itIT.oprc
rem AirSAM_ptBR.oprc
rem AirSAMprv.bprc
rem AirSAMprv_deDE.oprc
rem AirSAMprv_enUS.oprc
rem AirSAMprv_esES.oprc
rem AirSAMprv_frFR.oprc
rem AirSAMprv_itIT.oprc
rem AirSAMprv_ptBR.oprc
rem MIAttachLib.bprc
rem MIAttachLib_deDE.oprc
rem MIAttachLib_enUS.oprc
rem MIAttachLib_esES.oprc
rem MIAttachLib_frFR.oprc
rem MIAttachLib_itIT.oprc
rem MIAttachLib_ptBR.oprc
rem MIDataLib.bprc
rem MIDataLib_deDE.oprc
rem MIDataLib_enUS.oprc
rem MIDataLib_esES.oprc
rem MIDataLib_frFR.oprc
rem MIDataLib_itIT.oprc
rem MIDataLib_ptBR.oprc
del MMConduit.bprc
del MMConduit_deDE.oprc
del MMConduit_enUS.oprc
del MMConduit_esES.oprc
del MMConduit_frFR.oprc
del MMConduit_itIT.oprc
del MMConduit_ptBR.oprc
del MMConfigFPI.bprc
del MMConfigFPI_deDE.oprc
del MMConfigFPI_enUS.oprc
del MMConfigFPI_esES.oprc
del MMConfigFPI_frFR.oprc
del MMConfigFPI_itIT.oprc
del MMConfigFPI_ptBR.oprc
del MMHtmlPlugin.bprc
del MMHtmlPlugin_deDE.oprc
del MMHtmlPlugin_enUS.oprc
del MMHtmlPlugin_esES.oprc
del MMHtmlPlugin_frFR.oprc
del MMHtmlPlugin_itIT.oprc
del MMHtmlPlugin_ptBR.oprc
del MMMailTo_deDE.oprc
del MMMailTo_enUS.oprc
del MMMailTo_esES.oprc
del MMMailTo_frFR.oprc
del MMMailTo_itIT.oprc
del MMMailTo_ptBR.oprc
del MMNotify.bprc
del MMNotify_deDE.oprc
del MMNotify_enUS.oprc
del MMNotify_esES.oprc
del MMNotify_frFR.oprc
del MMNotify_itIT.oprc
del MMNotify_ptBR.oprc
del MMPhotos.bprc
del MMPhotos_deDE.oprc
del MMPhotos_enUS.oprc
del MMPhotos_esES.oprc
del MMPhotos_frFR.oprc
del MMPhotos_itIT.oprc
del MMPhotos_ptBR.oprc
del MMPluginMGR.bprc
del MMPluginMGR_deDE.oprc
del MMPluginMGR_enUS.oprc
del MMPluginMGR_esES.oprc
del MMPluginMGR_frFR.oprc
del MMPluginMGR_itIT.oprc
del MMPluginMGR_ptBR.oprc
del MMPRCPlugin.bprc
del MMPRCPlugin_deDE.oprc
del MMPRCPlugin_enUS.oprc
del MMPRCPlugin_esES.oprc
del MMPRCPlugin_frFR.oprc
del MMPRCPlugin_itIT.oprc
del MMPRCPlugin_ptBR.oprc
del MMSDCard.bprc
del MMSDCard_deDE.oprc
del MMSDCard_enUS.oprc
del MMSDCard_esES.oprc
del MMSDCard_frFR.oprc
del MMSDCard_itIT.oprc
del MMSDCard_ptBR.oprc
del MMServers_BRAH.pdb
del MMSmartAdd.bprc
del MMSmartAdd_deDE.oprc
del MMSmartAdd_enUS.oprc
del MMSmartAdd_esES.oprc
del MMSmartAdd_frFR.oprc
del MMSmartAdd_itIT.oprc
del MMSmartAdd_ptBR.oprc
del MMTextPlugin.bprc
del MMTextPlugin_deDE.oprc
del MMTextPlugin_enUS.oprc
del MMTextPlugin_esES.oprc
del MMTextPlugin_frFR.oprc
del MMTextPlugin_itIT.oprc
del MMTextPlugin_ptBR.oprc
del MMUnzipPlugin.bprc
del MMUnzipPlugin_deDE.oprc
del MMUnzipPlugin_enUS.oprc
del MMUnzipPlugin_esES.oprc
del MMUnzipPlugin_frFR.oprc
del MMUnzipPlugin_itIT.oprc
del MMUnzipPlugin_ptBR.oprc
del MMUpgrade.bprc
del MMUpgrade_deDE.oprc
del MMUpgrade_enUS.oprc
del MMUpgrade_esES.oprc
del MMUpgrade_frFR.oprc
del MMUpgrade_itIT.oprc
del MMUpgrade_ptBR.oprc
del MMVCal.bprc
del MMVCal_deDE.oprc
del MMVCal_enUS.oprc
del MMVCal_esES.oprc
del MMVCal_frFR.oprc
del MMVCal_itIT.oprc
del MMVCal_ptBR.oprc
del MMVCardPlugin.bprc
del MMVCardPlugin_deDE.oprc
del MMVCardPlugin_enUS.oprc
del MMVCardPlugin_esES.oprc
del MMVCardPlugin_frFR.oprc
del MMVCardPlugin_itIT.oprc
del MMVCardPlugin_ptBR.oprc
del MMWave.bprc
del MMWave_deDE.oprc
del MMWave_enUS.oprc
del MMWave_esES.oprc
del MMWave_frFR.oprc
del MMWave_itIT.oprc
del MMWave_ptBR.oprc
del MMWizard.bprc
del MMWizard_deDE.oprc
del MMWizard_enUS.oprc
del MMWizard_esES.oprc
del MMWizard_frFR.oprc
del MMWizard_itIT.oprc
del MMWizard_ptBR.oprc
del MMWordPlugin.bprc
del MMWordPlugin_deDE.oprc
del MMWordPlugin_enUS.oprc
del MMWordPlugin_esES.oprc
del MMWordPlugin_frFR.oprc
del MMWordPlugin_itIT.oprc
del MMWordPlugin_ptBR.oprc
del MultiMail.bprc
del MultiMail_deDE.oprc
del MultiMail_enUS.oprc
del MultiMail_esES.oprc
del MultiMail_frFR.oprc
del MultiMail_itIT.oprc
del MultiMail_ptBR.oprc
echo "DocsToGo:"
del DGraphConverter.prc
del DocsToGo.bprc
del DocsToGo_deDE.oprc
del DocsToGo_enUS.oprc
del DocsToGo_esES.oprc
del DocsToGo_frFR.oprc
del DocsToGo_itIT.oprc
del DocsToGo_ptBR.oprc
del DSLib.prc
del DSlideLib.prc
del DTTFonts.pdb
del DvzSSFonts.pdb
del DXTGAttachmentPlugin.bprc
del DXTGAttachmentPlugin_deDE.oprc
del DXTGAttachmentPlugin_enUS.oprc
del DXTGAttachmentPlugin_esES.oprc
del DXTGAttachmentPlugin_frFR.oprc
del DXTGAttachmentPlugin_itIT.oprc
del DXTGAttachmentPlugin_ptBR.oprc
del SheetToGo.bprc
del SheetToGo_deDE.oprc
del SheetToGo_enUS.oprc
del SheetToGo_esES.oprc
del SheetToGo_frFR.oprc
del SheetToGo_itIT.oprc
del SheetToGo_ptBR.oprc
del SlideshowToGo.bprc
del SlideshowToGo_deDE.oprc
del SlideshowToGo_enUS.oprc
del SlideshowToGo_esES.oprc
del SlideshowToGo_frFR.oprc
del SlideshowToGo_itIT.oprc
del SlideshowToGo_ptBR.oprc
del WordToGo.bprc
del WordToGo_deDE.oprc
del WordToGo_enUS.oprc
del WordToGo_esES.oprc
del WordToGo_frFR.oprc
del WordToGo_itIT.oprc
del WordToGo_ptBR.oprc
del WTGFontPackage.pdb
echo "DocsToGo samples:"
del deDE_BeispielBesprechungsnot.PDB
del deDE_BeispielErfolgreichesB.PDB
del deDE_BeispielKostenabrechnun.PDB
del enUS_SampleExpenseReport.PDB
del enUS_SampleMeetingNotes.PDB
del enUS_SampleSuccessfulBrains.PDB
del esES_EjemploNotasdelareunio.PDB
del esES_EjemploReportajedegast.PDB
del esES_EjemploSesiondebusqueda.PDB
del frFR_demonotesdereunion.PDB
del frFR_demorapportdedepenses.PDB
del frFR_demoTrouveruneideede.PDB
del itIT_EsempioEscogitareconSu.PDB
del itIT_EsempioNoteDuranteRiun.PDB
del itIT_EsempioRapportoDiSpese.PDB
del ptBR_AmostraAnotacoesdeReuni2.PDB
del ptBR_AmostraRelatoriodeDes.PDB
del ptBR_AmostraSessaodeDebates.PDB


で追加するソフトだが・・・これは個人の好みによるが・・・

・日本語化ソフト(CJKOS)
なぜか、レジストした状態でいれれないorz
Japonはやってないが、ここら辺参考にできるかな?

CJKOS.prc
cManager.prc
UCS_JapaneseJIS.prc
10,12,16,24の4種類のフォントファイル


・日本語入力(ATOK)
ジャストシステムとミニーさんのパッチ宛て済みのやつ。ラージ辞書。

ATDCKtoE.pdb
ATDCLarg.pdb
ATIPAlph.prc
ATIPCALC.PRC
ATIPCode.prc
ATIPDate.prc
ATIPFace.prc
ATIPFavr.prc
ATIPHAND.PRC
ATIPHira.prc
ATIPKata.prc
ATIPSymb.prc
ATIPTime.prc
ATOK.prc
ATOKHelp.prc
ATOKPROP.PRC
ATPPConv.prc
ATPPDICS.PRC
ATPPMain.prc
ATPPPNLS.PRC
ATPPSupr.prc
ATUTFace.prc
ATUTFavr.prc
LibATOK.prc


・Fep切替(FepSwitch)
TXの場合これが一番スマートかと・・・

FEPSwitch.prc


これでいきたいところだけど、これだと、サイズが小さすぎるので、C:\Work\files\dmitrygrから、いろいろ拝借。ここはグレーなので、説明は抜き・・・

・ドライブモード

DriveModeApp.bprc
DriveModeApp_*.oprc
DriveModeLib.prc


・NetFront

NetFront3.prc
MaxX.prc
HalfFontExtn.prc
HDDHalfFonts.prc
HRFontSel.prc
HRFontSel_deDE.prc
HRFontSel_frFR.prc
HRLib.prc



あと、個人的に追加したもの

TCPMP.PRC
TCPMP_AAC_plugin.PRC
TCPMP_AMR_plugin.PRC
TCPMP_Camera_plugin.PRC
TCPMP_FFMPEG_plugin.PRC
TCPMP_Matroska_plugin.PRC
TCPMP_MP3_plugin.PRC
TCPMP_MPC_plugin.PRC
TCPMP_MPEG1_plugin.PRC
TCPMP_MPEG4_plugin.PRC
TCPMP_Sony_HHE_plugin.PRC
TCPMP_Vorbis_HQ_plugin.PRC
Off_Flush.PRC
NVBackup.prc
Filez.PRC
HomeWithFind.prc
GoogleMaps.prc


ちなみに、Javaはいれてもなぜか出てこなかった・・・GogleMapsは一度インストールしたものを取り出したファイルでやりました。

・カスタムROM作成
コマンドプロンプトをあげる。
>c:\
>cd C:\TXUpdate
>_newdesc.bat
>cd C:\TXUpdate
>_newarc.bat
で、C:\TXUpdate\Palm\TXUpdate内に
overflow.zip.a.pdb
overflow.zip.b.pdb
overflow.zip.c.pdb
overflow.zip.d.pdb
overflow.zip.e.pdb
が作成される。
作成されていない場合は、コマンドプロンプトの最後で、

Wrong overflow.zip.
File size must be more then 8388608 and less then 10485760 bytes.

というエラーメッセージが出てるはず。要するにC:\TXUpdate\Files内のファイルを元に作成されるROMのサイズが大きすぎるか少なすぎるかなので、削除するファイルを増やすなり、追加するファイルを増やすなりして、エラーメッセージのファイルサイズに収まるようにする。
ただ、やみくもにやってても効率が悪いので、C:\TXUpdate\_newarc.batを開いて、最後の行の
del overflow.zip


rem del overflow.zip

などとして無効化すると、C:\TXUpdate\Palm\TXUpdate内に作成された、overflow.zipが残るので、このzipファイルのサイズをみて調整していく。ちょっとだけ足りないとかいった場合には、適当にjpegファイルとか追加してもいいかもしれない。できたらいじったBatファイルを戻しておく。

・ROMアップデート!!(危険!!)
なんとかROM作成がクリアできたら焼いてみよう!C:\TXUpdate\PalmフォルダをフォーマットしたSDカードのルートにコピーする。そして、TXにSDカードを差込み、「TX_Updater」を起動すると、何回か再起動した後に、オリジナルTXが出来上がったはず!感動!!

安定しているかどうかはこれから使っていってみないと分からない。DBCacheは増えているような気がする。

・元にもどすとか、焼いたROMがミスっていた場合・・・
元に戻すときは、C:\Work\TX_Security_Upgrade\Palmフォルダをさっきやった様に、SDのルートにコピーして、同様にしてアップデートすれば、元にもどる(正確には若干Wifi部分で違う)。ここで、アップデートしようとすると「このデバイスはTXではない」などというエラーが出る場合は、CJKOSを無効にしてから削除して、実行すると多分アップデート可能になる。Japonはわからない・・・これには最初冷や汗かいた・・・(^^;


これからの検証項目は
・安定性
・Netfront
・ドライブモード
かな?うまくいけば、TXはWifiも付いていることだし、Webブラウズには結構威力を発揮できるかも!

ちなみにこの作業はdmitrygrのROMだけでも可能です。ただその場合元には戻せません・・・
2007/8/7追記:(もしかしたら、事前にNVBackupでバックアップとっておけば戻るかも・・・→未検証)

そうそう、誰かCJKOSのレジストリ済みでの焼き方分かったら教えてください・・・

7/12 追記

日本語化の記事を書いたときに計測したメモリとの比較・・・

http://gtbleds.seesaa.net/article/22796945.html

Totalメモリが以前は9mbぐらいだったのが、12.8mbに増えている。そして、CJKOS+Atok使用時にソフトリセット後OffFlushで掃除した値を比べてみると・・・

以前
5.4mb 2.8mb CJKOS+ATOK

カスタムROM
7.8mb 5.1mb CJKOS+ATOK

その差歴然ですな!!続きを読む
posted by いのたん♪ at 19:10| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(1) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

[TX] CJKOS+NetFront用Delegate

例のNetFrontがかなり使い勝手がいい!普通にshift_jis,euc-jp,utf-8の表示ができる。

ただ、残念なのは、携帯電話向けのページなどで半角カタカナが多いこと・・・表示文字数を増やすためとはいえ、インターネットに半角カナを流すとは何事じゃ!とはいえ、今半角カナが表示できない環境は殆んどなから仕方ないか・・・

と言うことで、文字コードはそのままで、半角カナを全角カナにするだけのプロキシをDelegateで立ててみた!

まぁ、セットアップ方法などは、手前味噌ですが・・・ここら辺を・・・

で、delegateの起動スクリプトはこんな感じ・・・


if [ -f /usr/sbin/delegated ]
then
/usr/sbin/delegated -P18080 -r -S \
SERVER=http \
CHARCODE=guess \
OWNER=delegate/delegate \
DGROOT=/var/spool/delegate \
CACHE="do" \
EXPIRE=2d \
CRON="5 5 * * * -expire 3" \
FTOCL=/var/spool/delegate/netfront.cfi \
HTTPCONF=acc-encoding: -thrugzip \
HTTPCONF=gen-encoding:gzip \
RELIABLE="-A/パスワード" \
STLS="mitm" \
RELAY=vhost,proxy \
AUTH=viagen:- \
> /var/spool/delegate/start.msg 2>&1
fi


キモは


RELIABLE="-A/パスワード" \


ここです。制限かけないとオープンになるし、といって、IPアドレスで制限かけると使える所が限られる。

そこで、"-A/"を使う。これユーザエージェントで制限をかけるもので、NetFrontの場合UAを好きな文字列に偽装できる。なので、個々にパスワード的な文字列を埋め込めば、制限がかかるし、場所によって接続できないこともない。

で、/var/spool/delegate/netfront.cfiの中身だが、


#!cfi

Content-Type: SHIFT
++
Content-Type: Shift
++
Content-Type: shift
Body-Filter: /usr/bin/nkf -Sxe | /usr/bin/nkf -s
--
Content-Type: euc
++
Content-Type: EUC
++
Content-Type: Euc
Body-Filter: /usr/bin/nkf -Ee
--
Content-Type: utf
++
Content-Type: UTF
++
Content-Type: Utf
Body-Filter: /usr/bin/nkf -Ww
--
Content-Type: iso-2022-jp
++
Content-Type: ISO-2022-JP
Body-Filter: /usr/bin/nkf -Jj
--
Content-Type: text/html
Output/Content-Type: text/html; charset=Shift_JIS
Body-Filter: /usr/bin/nkf -s
--
Content-Type: application/xhtml+xml
Output/Content-Type: application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS
Body-Filter: /usr/bin/nkf -s


こんな感じ。用はContent-Typeの文字コードをみて、それに合わせて、nkfで変換かけてる。nkfは変換時に半角カナ→全角カナ変換をデフォルトでやってくれる。
最後の2つは保険みたいなもの。万一文字コード指定が無かったら、全部Shift_JISで出力。これで化けたらしようがない。一応、今のところ。これで一度も化けてない。

禁断ROM+CJKOSを使ってる人なんて殆んどいないし、その中でこのブログ見てくれてる人なんて数人いるかいないかだろうから、テスト的に使ってみたい人がいたら、コメントいただけたらメールでパスワード教えますよ。
posted by いのたん♪ at 22:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

[TX]禁断のカスタムROMの作成

まえから、1srcで他人の押し付けROMが出回っていたのは知っていたが、Treo650みたいに自由度がないのと、日本語化ソフトをいれれないので、あまり意味がないと敬遠してきましたが、どうも、自由度は高くないがある程度のカスタマイズが可能になった感じ。

http://www.1src.com/forums/showthread.php?t=112779&page=17&pp=15

で、早速やってみた!(^^;
以下俺流の独り言、真似してどうなっても自己責任!

・ROMツールダウンロードする。
http://palmtx.da.ru/system/TXUpdate.zip

・解凍して、Cドライブのルートにコピー
C:\TXUpdate

・dmitrygrさんのカスタムROMをダウンロードする。
http://www.palmpowerups.com/file/TX2.ROM.zip?uniq=56

・ワークディレクトリを適当に作って解凍
C:\Work\Palm

・純正ROM(Wifiのセキュリティアップデート用)をダウンロードする。(有料!$5.99)
Wi-Fi Enterprise Security Update for the Palm® TX handheld

・さっき作ったワークディレクトリに解凍
C:\Work\TX_Security_Upgrade

・C:\Work\Palm\TXUpdate内の
overflow.zip.a.pdb
overflow.zip.b.pdb
overflow.zip.c.pdb
overflow.zip.d.pdb
overflow.zip.e.pdb
を、C:\TXUpdate\Inputにコピー。

・ファイル抽出
コマンドプロンプトをあげる。
>c:\
>cd C:\TXUpdate
>_disarc.bat
で、C:\TXUpdate\Files内に展開される。

・C:\Work\files\dmitrygrを作成し、C:\TXUpdate\Files内のファイルすべてを"移動"する。

・C:\Work\TX_Security_Upgrade\Palm\TXUpdate内の
overflow.zip.a.pdb
overflow.zip.b.pdb
overflow.zip.c.pdb
overflow.zip.d.pdb
overflow.zip.e.pdb
を、C:\TXUpdate\Inputにコピー。

・ファイル抽出
コマンドプロンプトをあげる。
>c:\
>cd C:\TXUpdate
>_disarc.bat
で、C:\TXUpdate\Files内に展開される。

・C:\TXUpdate\Files内のファイルをC:\TXUpdate\Doc\2DELETE.TXTを参考に削除する。これらは最低限消しても大丈夫らしい。個人的にはDocsToGoやVersaMailもいらなかったので、1srcを参考に消した。

・C:\TXUpdate\Files内に追加したいファイルを追加していく。


が、この削除と追加が難しい。何でもかんでも削除すればいい訳でなく、追加してもいい訳でなく、しかも、出来上がりのファイルサイズの制限が上下ともにあるので、ファイルが少なすぎても多すぎてもいけない。。。


以下私の削除したファイルリスト。バッチファイルにしてたので、そのまま掲載。VersaMailに迷いがあるのはご愛嬌・・・(remの行は削除してない)


echo "delete file from TX ROM update"
echo "Video & audio demos:"
del 100.asf__512k_a
del 100.asf__512k_b
del 100.asf__512k_c
del Disko.pdb
del Lamasbonita.pdb
echo "Wallpapers:"
del 1.jpg
del 2.jpg
del 3.jpg
del 4.jpg
echo "AddIt & components:"
del AddItDV.prc
del AdditSync.prc
del AddItVault.bprc
del AddItVault_deDE.oprc
del AddItVault_enUS.oprc
del AddItVault_esES.oprc
del AddItVault_frFR.oprc
del AddItVault_itIT.oprc
del AddItVault_ptBR.oprc
del deDE_AddIt_data.pdb
del deDE_AddItMyDV-Content.pdb
del deDE_AdditNewsDV-Content.pdb
del deDE_AdditShopDV-Content.pdb
del deDE_AddItStart-Content.pdb
del deDE_AdditTryBuy-Content.pdb
del enUS_AddIt_data.pdb
del enUS_AddItMyDV-Content.pdb
del enUS_AdditNewsDV-Content.pdb
del enUS_AdditShopDV-Content.pdb
del enUS_AddItStart-Content.pdb
del enUS_AdditTryBuy-Content.pdb
del esES_AddIt_data.pdb
del esES_AddItMyDV-Content.pdb
del esES_AdditNewsDV-Content.pdb
del esES_AdditShopDV-Content.pdb
del esES_AddItStart-Content.pdb
del esES_AdditTryBuy-Content.pdb
del frFR_AddIt_data.pdb
del frFR_AddItMyDV-Content.pdb
del frFR_AdditNewsDV-Content.pdb
del frFR_AdditShopDV-Content.pdb
del frFR_AddItStart-Content.pdb
del frFR_AdditTryBuy-Content.pdb
del itIT_AddIt_data.pdb
del itIT_AddItMyDV-Content.pdb
del itIT_AdditNewsDV-Content.pdb
del itIT_AdditShopDV-Content.pdb
del itIT_AddItStart-Content.pdb
del itIT_AdditTryBuy-Content.pdb
del ptBR_AddIt_data.pdb
del ptBR_AddItMyDV-Content.pdb
del ptBR_AdditNewsDV-Content.pdb
del ptBR_AdditShopDV-Content.pdb
del ptBR_AddItStart-Content.pdb
del ptBR_AdditTryBuy-Content.pdb
echo "T-Mobile & components:"
del arrow.gif
del back_arrow.gif
del btn_ready2sign.gif
del btn_signup.gif
del hdr_tmobile.gif
del hdr_tmobile_new.gif
del next_arrow.gif
del tmobile.css
del tmobile_benefits.html
del tmobile_benefits.jpg
del tmobile_hotspots.html
del tmobile_index.html
del tmobile_lady.jpg
del tmobile_lady2.jpg
del tmobile_lady3.jpg
del tmobile_man.jpg
del tmobile_man1.jpg
del tmobile_rooftop.jpg
del tmobile_signup.html
del tmobile_singup.jpg
del tmobile_singup1.jpg
del tmobile_support.html
del tmobile_support.jpg
del tmobile_support2.jpg
del tmobile_uses.html
echo "Tutorials:"
del Tutorial.bprc
del Tutorial_deDE.oprc
del Tutorial_enUS.oprc
del Tutorial_esES.oprc
del Tutorial_frFR.oprc
del Tutorial_itIT.oprc
del Tutorial_ptBR.oprc
del TutorialApp.bprc
del TutorialApp_deDE.oprc
del TutorialApp_enUS.oprc
del TutorialApp_esES.oprc
del TutorialApp_frFR.oprc
del TutorialApp_itIT.oprc
del TutorialApp_ptBR.oprc
echo "VersaMail:"
rem AirSAM.bprc
rem AirSAM_deDE.oprc
rem AirSAM_enUS.oprc
rem AirSAM_esES.oprc
rem AirSAM_frFR.oprc
rem AirSAM_itIT.oprc
rem AirSAM_ptBR.oprc
rem AirSAMprv.bprc
rem AirSAMprv_deDE.oprc
rem AirSAMprv_enUS.oprc
rem AirSAMprv_esES.oprc
rem AirSAMprv_frFR.oprc
rem AirSAMprv_itIT.oprc
rem AirSAMprv_ptBR.oprc
rem MIAttachLib.bprc
rem MIAttachLib_deDE.oprc
rem MIAttachLib_enUS.oprc
rem MIAttachLib_esES.oprc
rem MIAttachLib_frFR.oprc
rem MIAttachLib_itIT.oprc
rem MIAttachLib_ptBR.oprc
rem MIDataLib.bprc
rem MIDataLib_deDE.oprc
rem MIDataLib_enUS.oprc
rem MIDataLib_esES.oprc
rem MIDataLib_frFR.oprc
rem MIDataLib_itIT.oprc
rem MIDataLib_ptBR.oprc
del MMConduit.bprc
del MMConduit_deDE.oprc
del MMConduit_enUS.oprc
del MMConduit_esES.oprc
del MMConduit_frFR.oprc
del MMConduit_itIT.oprc
del MMConduit_ptBR.oprc
del MMConfigFPI.bprc
del MMConfigFPI_deDE.oprc
del MMConfigFPI_enUS.oprc
del MMConfigFPI_esES.oprc
del MMConfigFPI_frFR.oprc
del MMConfigFPI_itIT.oprc
del MMConfigFPI_ptBR.oprc
del MMHtmlPlugin.bprc
del MMHtmlPlugin_deDE.oprc
del MMHtmlPlugin_enUS.oprc
del MMHtmlPlugin_esES.oprc
del MMHtmlPlugin_frFR.oprc
del MMHtmlPlugin_itIT.oprc
del MMHtmlPlugin_ptBR.oprc
del MMMailTo_deDE.oprc
del MMMailTo_enUS.oprc
del MMMailTo_esES.oprc
del MMMailTo_frFR.oprc
del MMMailTo_itIT.oprc
del MMMailTo_ptBR.oprc
del MMNotify.bprc
del MMNotify_deDE.oprc
del MMNotify_enUS.oprc
del MMNotify_esES.oprc
del MMNotify_frFR.oprc
del MMNotify_itIT.oprc
del MMNotify_ptBR.oprc
del MMPhotos.bprc
del MMPhotos_deDE.oprc
del MMPhotos_enUS.oprc
del MMPhotos_esES.oprc
del MMPhotos_frFR.oprc
del MMPhotos_itIT.oprc
del MMPhotos_ptBR.oprc
del MMPluginMGR.bprc
del MMPluginMGR_deDE.oprc
del MMPluginMGR_enUS.oprc
del MMPluginMGR_esES.oprc
del MMPluginMGR_frFR.oprc
del MMPluginMGR_itIT.oprc
del MMPluginMGR_ptBR.oprc
del MMPRCPlugin.bprc
del MMPRCPlugin_deDE.oprc
del MMPRCPlugin_enUS.oprc
del MMPRCPlugin_esES.oprc
del MMPRCPlugin_frFR.oprc
del MMPRCPlugin_itIT.oprc
del MMPRCPlugin_ptBR.oprc
del MMSDCard.bprc
del MMSDCard_deDE.oprc
del MMSDCard_enUS.oprc
del MMSDCard_esES.oprc
del MMSDCard_frFR.oprc
del MMSDCard_itIT.oprc
del MMSDCard_ptBR.oprc
del MMServers_BRAH.pdb
del MMSmartAdd.bprc
del MMSmartAdd_deDE.oprc
del MMSmartAdd_enUS.oprc
del MMSmartAdd_esES.oprc
del MMSmartAdd_frFR.oprc
del MMSmartAdd_itIT.oprc
del MMSmartAdd_ptBR.oprc
del MMTextPlugin.bprc
del MMTextPlugin_deDE.oprc
del MMTextPlugin_enUS.oprc
del MMTextPlugin_esES.oprc
del MMTextPlugin_frFR.oprc
del MMTextPlugin_itIT.oprc
del MMTextPlugin_ptBR.oprc
del MMUnzipPlugin.bprc
del MMUnzipPlugin_deDE.oprc
del MMUnzipPlugin_enUS.oprc
del MMUnzipPlugin_esES.oprc
del MMUnzipPlugin_frFR.oprc
del MMUnzipPlugin_itIT.oprc
del MMUnzipPlugin_ptBR.oprc
del MMUpgrade.bprc
del MMUpgrade_deDE.oprc
del MMUpgrade_enUS.oprc
del MMUpgrade_esES.oprc
del MMUpgrade_frFR.oprc
del MMUpgrade_itIT.oprc
del MMUpgrade_ptBR.oprc
del MMVCal.bprc
del MMVCal_deDE.oprc
del MMVCal_enUS.oprc
del MMVCal_esES.oprc
del MMVCal_frFR.oprc
del MMVCal_itIT.oprc
del MMVCal_ptBR.oprc
del MMVCardPlugin.bprc
del MMVCardPlugin_deDE.oprc
del MMVCardPlugin_enUS.oprc
del MMVCardPlugin_esES.oprc
del MMVCardPlugin_frFR.oprc
del MMVCardPlugin_itIT.oprc
del MMVCardPlugin_ptBR.oprc
del MMWave.bprc
del MMWave_deDE.oprc
del MMWave_enUS.oprc
del MMWave_esES.oprc
del MMWave_frFR.oprc
del MMWave_itIT.oprc
del MMWave_ptBR.oprc
del MMWizard.bprc
del MMWizard_deDE.oprc
del MMWizard_enUS.oprc
del MMWizard_esES.oprc
del MMWizard_frFR.oprc
del MMWizard_itIT.oprc
del MMWizard_ptBR.oprc
del MMWordPlugin.bprc
del MMWordPlugin_deDE.oprc
del MMWordPlugin_enUS.oprc
del MMWordPlugin_esES.oprc
del MMWordPlugin_frFR.oprc
del MMWordPlugin_itIT.oprc
del MMWordPlugin_ptBR.oprc
del MultiMail.bprc
del MultiMail_deDE.oprc
del MultiMail_enUS.oprc
del MultiMail_esES.oprc
del MultiMail_frFR.oprc
del MultiMail_itIT.oprc
del MultiMail_ptBR.oprc
echo "DocsToGo:"
del DGraphConverter.prc
del DocsToGo.bprc
del DocsToGo_deDE.oprc
del DocsToGo_enUS.oprc
del DocsToGo_esES.oprc
del DocsToGo_frFR.oprc
del DocsToGo_itIT.oprc
del DocsToGo_ptBR.oprc
del DSLib.prc
del DSlideLib.prc
del DTTFonts.pdb
del DvzSSFonts.pdb
del DXTGAttachmentPlugin.bprc
del DXTGAttachmentPlugin_deDE.oprc
del DXTGAttachmentPlugin_enUS.oprc
del DXTGAttachmentPlugin_esES.oprc
del DXTGAttachmentPlugin_frFR.oprc
del DXTGAttachmentPlugin_itIT.oprc
del DXTGAttachmentPlugin_ptBR.oprc
del SheetToGo.bprc
del SheetToGo_deDE.oprc
del SheetToGo_enUS.oprc
del SheetToGo_esES.oprc
del SheetToGo_frFR.oprc
del SheetToGo_itIT.oprc
del SheetToGo_ptBR.oprc
del SlideshowToGo.bprc
del SlideshowToGo_deDE.oprc
del SlideshowToGo_enUS.oprc
del SlideshowToGo_esES.oprc
del SlideshowToGo_frFR.oprc
del SlideshowToGo_itIT.oprc
del SlideshowToGo_ptBR.oprc
del WordToGo.bprc
del WordToGo_deDE.oprc
del WordToGo_enUS.oprc
del WordToGo_esES.oprc
del WordToGo_frFR.oprc
del WordToGo_itIT.oprc
del WordToGo_ptBR.oprc
del WTGFontPackage.pdb
echo "DocsToGo samples:"
del deDE_BeispielBesprechungsnot.PDB
del deDE_BeispielErfolgreichesB.PDB
del deDE_BeispielKostenabrechnun.PDB
del enUS_SampleExpenseReport.PDB
del enUS_SampleMeetingNotes.PDB
del enUS_SampleSuccessfulBrains.PDB
del esES_EjemploNotasdelareunio.PDB
del esES_EjemploReportajedegast.PDB
del esES_EjemploSesiondebusqueda.PDB
del frFR_demonotesdereunion.PDB
del frFR_demorapportdedepenses.PDB
del frFR_demoTrouveruneideede.PDB
del itIT_EsempioEscogitareconSu.PDB
del itIT_EsempioNoteDuranteRiun.PDB
del itIT_EsempioRapportoDiSpese.PDB
del ptBR_AmostraAnotacoesdeReuni2.PDB
del ptBR_AmostraRelatoriodeDes.PDB
del ptBR_AmostraSessaodeDebates.PDB


で追加するソフトだが・・・これは個人の好みによるが・・・

・日本語化ソフト(CJKOS)
なぜか、レジストした状態でいれれないorz
Japonはやってないが、ここら辺参考にできるかな?

CJKOS.prc
cManager.prc
UCS_JapaneseJIS.prc
10,12,16,24の4種類のフォントファイル


・日本語入力(ATOK)
ジャストシステムとミニーさんのパッチ宛て済みのやつ。ラージ辞書。

ATDCKtoE.pdb
ATDCLarg.pdb
ATIPAlph.prc
ATIPCALC.PRC
ATIPCode.prc
ATIPDate.prc
ATIPFace.prc
ATIPFavr.prc
ATIPHAND.PRC
ATIPHira.prc
ATIPKata.prc
ATIPSymb.prc
ATIPTime.prc
ATOK.prc
ATOKHelp.prc
ATOKPROP.PRC
ATPPConv.prc
ATPPDICS.PRC
ATPPMain.prc
ATPPPNLS.PRC
ATPPSupr.prc
ATUTFace.prc
ATUTFavr.prc
LibATOK.prc


・Fep切替(FepSwitch)
TXの場合これが一番スマートかと・・・

FEPSwitch.prc


これでいきたいところだけど、これだと、サイズが小さすぎるので、C:\Work\files\dmitrygrから、いろいろ拝借。ここはグレーなので、説明は抜き・・・

・ドライブモード

DriveModeApp.bprc
DriveModeApp_*.oprc
DriveModeLib.prc


・NetFront

NetFront3.prc
MaxX.prc
HalfFontExtn.prc
HDDHalfFonts.prc
HRFontSel.prc
HRFontSel_deDE.prc
HRFontSel_frFR.prc
HRLib.prc



あと、個人的に追加したもの

TCPMP.PRC
TCPMP_AAC_plugin.PRC
TCPMP_AMR_plugin.PRC
TCPMP_Camera_plugin.PRC
TCPMP_FFMPEG_plugin.PRC
TCPMP_Matroska_plugin.PRC
TCPMP_MP3_plugin.PRC
TCPMP_MPC_plugin.PRC
TCPMP_MPEG1_plugin.PRC
TCPMP_MPEG4_plugin.PRC
TCPMP_Sony_HHE_plugin.PRC
TCPMP_Vorbis_HQ_plugin.PRC
Off_Flush.PRC
NVBackup.prc
Filez.PRC
HomeWithFind.prc
GoogleMaps.prc


ちなみに、Javaはいれてもなぜか出てこなかった・・・GogleMapsは一度インストールしたものを取り出したファイルでやりました。

・カスタムROM作成
コマンドプロンプトをあげる。
>c:\
>cd C:\TXUpdate
>_newdesc.bat
>cd C:\TXUpdate
>_newarc.bat
で、C:\TXUpdate\Palm\TXUpdate内に
overflow.zip.a.pdb
overflow.zip.b.pdb
overflow.zip.c.pdb
overflow.zip.d.pdb
overflow.zip.e.pdb
が作成される。
作成されていない場合は、コマンドプロンプトの最後で、

Wrong overflow.zip.
File size must be more then 8388608 and less then 10485760 bytes.

というエラーメッセージが出てるはず。要するにC:\TXUpdate\Files内のファイルを元に作成されるROMのサイズが大きすぎるか少なすぎるかなので、削除するファイルを増やすなり、追加するファイルを増やすなりして、エラーメッセージのファイルサイズに収まるようにする。
ただ、やみくもにやってても効率が悪いので、C:\TXUpdate\_newarc.batを開いて、最後の行の
del overflow.zip


rem del overflow.zip

などとして無効化すると、C:\TXUpdate\Palm\TXUpdate内に作成された、overflow.zipが残るので、このzipファイルのサイズをみて調整していく。ちょっとだけ足りないとかいった場合には、適当にjpegファイルとか追加してもいいかもしれない。できたらいじったBatファイルを戻しておく。

・ROMアップデート!!(危険!!)
なんとかROM作成がクリアできたら焼いてみよう!C:\TXUpdate\PalmフォルダをフォーマットしたSDカードのルートにコピーする。そして、TXにSDカードを差込み、「TX_Updater」を起動すると、何回か再起動した後に、オリジナルTXが出来上がったはず!感動!!

安定しているかどうかはこれから使っていってみないと分からない。DBCacheは増えているような気がする。

・元にもどすとか、焼いたROMがミスっていた場合・・・
元に戻すときは、C:\Work\TX_Security_Upgrade\Palmフォルダをさっきやった様に、SDのルートにコピーして、同様にしてアップデートすれば、元にもどる(正確には若干Wifi部分で違う)。ここで、アップデートしようとすると「このデバイスはTXではない」などというエラーが出る場合は、CJKOSを無効にしてから削除して、実行すると多分アップデート可能になる。Japonはわからない・・・これには最初冷や汗かいた・・・(^^;


これからの検証項目は
・安定性
・Netfront
・ドライブモード
かな?うまくいけば、TXはWifiも付いていることだし、Webブラウズには結構威力を発揮できるかも!

ちなみにこの作業はdmitrygrのROMだけでも可能です。ただその場合元には戻せません・・・

そうそう、誰かCJKOSのレジストリ済みでの焼き方分かったら教えてください・・・

7/12 追記

日本語化の記事を書いたときに計測したメモリとの比較・・・

http://gtbleds.seesaa.net/article/22796945.html

Totalメモリが以前は9mbぐらいだったのが、12.8mbに増えている。そして、CJKOS+Atok使用時にソフトリセット後OffFlushで掃除した値を比べてみると・・・

以前
5.4mb 2.8mb CJKOS+ATOK

カスタムROM
7.8mb 5.1mb CJKOS+ATOK

その差歴然ですな!!続きを読む
posted by いのたん♪ at 18:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

KsDatebook再始動?

PalmIsland(仮営業所) : CalendarDB対応アルファ版・・・
http://kimura.exblog.jp/5065023

おおっ!あのPalmのキラー中のキラーアプリKsDatebookの作者様が再び活動を開始した模様です。

たしか、TungstenE2では予定を削除するとハングしてたはず。これは結構朗報ではないですか? > Palmユーザ
posted by いのたん♪ at 15:48| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

Yomeru5着実にバージョンアップ!

この間、Yomeru5の開発再開の記事を書きましたが、あれから、怒涛のバージョンアップを重ね、NVFS機でも安定運用できるレベルにきています。

Yomeru5-HomePage
http://yomeru5.sourceforge.net/

まだ、細かい所で、不具合はありますが、十分第4の日本語化ソフトになりえると思います。

他の日本語化ソフトにない特徴として、
・オープンソース
・アンチエイリアスフォントサポート
・好みのトゥルータイプフォント等からフォント作成が可能
・アプリ毎に有効・無効が切り替え可能
・SJIS,EUC-JP,UTF-8サポート。BlazerでUTF-8なページとかもプロキシや、コード変換サイト経由でなくとも表示可能(現在一部不具合あり)。

おそらく、他の日本語化ソフトとも併用可と思われ、無料なので、一度試してみる価値は十分ありです!
posted by いのたん♪ at 17:36| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

Yomeru5開発再開!!

管理人の部屋: 各日本語化ソフトの比較
http://gtbleds.seesaa.net/article/22796945.html

こんな記事をこの前書きましたが、Yomeru5に関しては開発が止まっているような感じで、私も未使用だったことから、ほとんどの項目を???にしておりましたら、なんと、開発者様から、開発開始のコメントを頂きました!作者さん曰く・・

Yomeru5の特徴です。

*アンチエイリアシングフォント
*好みのトゥルータイプフォント等からフォント作成が可能
*無料+オープンソース
*半角カナのサポート
*アプリ毎に有効・無効が切り替え可能

今のところマニュアルは皆無です。質問があれば、B-Palmの掲示板へお願いします。(^^


との事。早速私も試してみました!かなりいけてますよ。特長には書いていませんが、英字フォントも変更可能なので、システムフォントも細字なクリエ風な画面になります。また最大の特徴であるアンチエイリアシングフォント。個人的には好きですが、ちょっと好みが分かれるところでしょうか?「無料+オープンソース」との事で是非試されてみては?
(フォント作成がちょっと壁を高くしてるかな?)

ただし、私の環境では、TXではかなり不安定な状況で、結構頻繁にソフトリセットがかかります。でもE2ではかなり安定しているので、こちらはもしかすると常用でもいけるかも・・・
posted by いのたん♪ at 22:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

[Palm][Blazer][VersaMail]せっかく初めから付いているので、何とかして、BlazerとVersaMailを実用レベルにしよう大作戦!

初めはBlazerの日本語の文字化けを直そうとDelegateでWebプロキシを立てたけど、それだけではなんなので、ついでに、VersaMail用のPOPプロキシおよびSMTPプロキシにもしてしまえ!ということで備忘録。

これで一応BlazerおよびVersaMailが日本語で使用可能!かな・・・

用意したもの
・サーバ
・Debian GNU/LINUX 3.1 Sarge
・Delegate9.2.4

やってる事
・Blazer
- 文字コード変換(* -> Shift_JIS)
- 画像圧縮(jpeg,gif,png,bmp)

・VersaMail
- POP文字コード変換(* -> Shift_JIS)
- SMTP文字コード変換(? -> iso-2022-jp)


1. ファイル取得

$ wget http://www.delegate.org/anonftp/DeleGate/delegate9.2.4.tar.gz

--14:51:26-- http://www.delegate.org/anonftp/DeleGate/delegate9.2.4.tar.gz
=> `delegate9.2.4.tar.gz.1'
www.delegate.org をDNSに問いあわせています... 210.155.199.28
www.delegate.org[210.155.199.28]:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 1,608,014 [application/octet-stream]

100%[==============================================>] 1,608,014 65.37K/s ETA 00:00

14:51:50 (65.61 KB/s) - `delegate9.2.4.tar.gz.1' を保存しました [1608014/1608014]



2. 解凍・インストール

$ tar -zxvf ./delegate9.2.4.tar.gz
$ cd ./delegate9.2.4/src/

$ vi Makefile
-変更-
ADMIN = undef
ADMIN = hogehoge@hoge.net
-END-

$ make

$ su
# cp ./delegated /usr/bin/



3. ユーザ作成

# vi /etc/passwd
-追記-
delegate:x:8080:8080:delegate daemon:/var/spool/delegate:/bin/sh
-END-

# vi /etc/group
-追記-
delegate:x:8080:
-END-



4. Delegateディレクトリ作成

# mkdir /var/spool/delegate
# chown -R delegate:delegate /var/spool/delegate
# chmod -R 755 /var/spool/delegate

# mkdir -p /var/spool/delegate/lib/codemap
# chown -R delegate:delegate /var/spool/delegate/lib
# chmod -R 755 /var/spool/delegate/lib



5. コードマップダウンロード

# cd /var/spool/delegate/lib/codemap

# wget ftp://ftp.unicode.org/Public/MAPPINGS/VENDORS/MICSFT/WINDOWS/CP932.TXT
# wget ftp://ftp.unicode.org/Public/MAPPINGS/VENDORS/APPLE/JAPANESE.TXT
# wget ftp://ftp.unicode.org/Public/MAPPINGS/OBSOLETE/EASTASIA/JIS/JIS0208.TXT
# wget ftp://ftp.unicode.org/Public/MAPPINGS/OBSOLETE/EASTASIA/JIS/JIS0212.TXT
# wget ftp://ftp.unicode.org/Public/MAPPINGS/OBSOLETE/EASTASIA/JIS/SHIFTJIS.TXT

# chown delegate:delegate /var/spool/delegate/lib/codemap/*



6. 起動スクリプト作成


# vi /var/spool/delegate/start.sh
-新規-
if [ -f /usr/sbin/delegated ]
then
/usr/sbin/delegated -P8080 -r -S \
SERVER=http \
CHARCODE=shift_jis \
ADMIN=hoge@hoge.net \
OWNER=delegate/delegate \
DGROOT=/var/spool/delegate \
CACHE="do" \
EXPIRE=2d \
CRON="5 5 * * * -expire 3" \
FTOCL=/var/spool/delegate/blazer.cfi \
HTTPCONF=acc-encoding: -thrugzip \
HTTPCONF=gen-encoding:gzip \
RELIABLE=許可するドメイン・IPアドレス \
RELIABLE=*.access-internet.ne.jp \
RELIABLE=192.168.0.0/24 \
AUTH=viagen:- \
STLS="mitm" \
RELAY=vhost,proxy \
> /var/spool/delegate/start.msg 2>&1

/usr/sbin/delegated -P8081 -r -S \
SERVER=http \
CHARCODE=shift_jis \
ADMIN=hoge@hoge.net \
OWNER=delegate/delegate \
DGROOT=/var/spool/delegate \
CACHE="do" \
EXPIRE=2d \
CRON="5 5 * * * -expire 3" \
FTOCL=/var/spool/delegate/blazer.cfi \
HTTPCONF=acc-encoding: -thrugzip \
HTTPCONF=gen-encoding:gzip \
RELIABLE=* \
STLS="mitm" \
RELAY=vhost,proxy \
AUTH=viagen:- \
AUTH=proxy:pauth \
AUTHORIZER=-blazer.user \
>> /var/spool/delegate/start.msg 2>&1

/usr/sbin/delegated -P8110 -r -S \
SERVER=pop \
CHARCODE=shift_jis \
MIMECONV=all \
ADMIN=hoge@hoge.net \
OWNER=delegate/delegate \
DGROOT=/var/spool/delegate \
RELIABLE=許可するドメイン・IPアドレス \
RELIABLE=*.access-internet.ne.jp \
RELIABLE=192.168.0.0/24 \
>> /var/spool/delegate/start.msg 2>&1

/usr/sbin/delegated -P8025 -r -S \
SERVER=smtp://メールサーバ/ \
CHARCODE=iso-2022-jp \
MIMECONV=all \
ADMIN=hoge@hoge.net \
OWNER=delegate/delegate \
DGROOT=/var/spool/delegate \
RELIABLE=許可するドメイン・IPアドレス \
RELIABLE=*.access-internet.ne.jp \
RELIABLE=192.168.0.0/24 \
AUTHORIZER=-blazer.user \
>> /var/spool/delegate/start.msg 2>&1


fi
-END-

# chown delegate:delegate /var/spool/delegate/start.sh
# chmod 755 /var/spool/delegate/start.sh


blazerはプロキシ認証のユーザ名パスワードを記憶できないので、常時使用は送信元を特定してパスなしでアクセス(1つ目の設定)。それ以外はプロキシ認証でアクセス(2つめの設定)。

3つ目がPOP用で4つ目がSMTP用の設定。SMTPのサーバはこのプロキシサーバからアクセスできるSMTPサーバを指定すればOK!


7. プロキシ認証用ユーザ作成

# su delegate
$ /usr/sbin/delegated -Fauth -a user:password -blazer.user DGROOT=/var/spool/delegate



8. 自動起動設定

# vi /etc/init.d/rc
-追記-
# delegate
/var/spool/delegate/start.sh
-END-



9. CFI スクリプト作成

# vi /var/spool/delegate/blazer.cfi
-新規-
#!cfi

Content-Type: image/jpeg
Body-Filter: /usr/bin/convert -quality 25 +profile "*" - jpeg:-
# -quality n: 再圧縮レベルをn(0†100)に設定する
# +profile "*": すべての属性データを削除する
--
Content-Type: image/gif
Body-Filter: /usr/bin/convert +adjoin - gif:- | /usr/bin/convert -colors 8 +dither -colors
pace Transparent +profile "*" - gif:-
# +adjoin: アニメーションGIFの1枚目のみを切り出す
# -colors n: 色数をn色まで減色する
# -colorspace Transparent: 透過GIFを無効にする
# +dither: ディザを無効にする
# +profile "*": すべての属性データを削除する
--
Content-Type: image/png
Body-Filter: /usr/bin/convert -colors 8 +dither -colorspace Transparent -quality 100 +prof
ile "*" - png:-
# -colors n: 色をn色まで減色する
# -colorspace Transparent: 透過PNGを無効にする
# -quality 90: 圧縮レベルを9に、圧縮方式を0に設定する
# +dither: ディザを無効にする
# +profile "*": すべての属性データを削除する
--
Content-Type: image/bmp
Body-Filter: /usr/bin/convert -colors 4 +dither +profile "*" - bmp:-
# -colors n: 色をn色まで減色する
# +dither: ディザを無効にする
# +profile "*": すべての属性データを削除する
--
Content-Type: text/
Output/Content-Type: text/html; charset=Shift_JIS
Filter: /usr/bin/nkf -s | sed -f /var/spool/delegate/blazer.sed
--
Content-Type: application/xhtml+xml
Output/Content-Type: application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS
Filter: /usr/bin/nkf -s | sed -f /var/spool/delegate/blazer.sed
-END-

# chown delegate:delegate /var/spool/delegate/blazer.cfi


正直、Japonや、J-OSを使っている方は、

/usr/bin/nkf -s

は要らないかも・・・私がやっているのは、ほとんど、CJKOSの半角カタカナ対策の為だけです。SJIS変換自体は、Delegateがやってくれています。


10. Blazer用HTML書き換えスクリプト作成

・ハイスペックなサーバの場合
# vi /var/spool/delegate/blazer.sed
-新規-
s/\(<[Hh][Ee][Aa][Dd]>\)/\1<meta http-equiv="Content-Type" content="text\/html; charset=Shift_JIS">/
s/\(<form.*action=.*search\.yahoo\.co\.jp.*>\)/\1<input type="hidden" name="ei" value="SJIS">/
s/\(<.*=.*\)[Uu][Tt][Ff].*8\(.*>\)/\1Shift_JIS\2/g
s/\(<.*=.*\)[Ee][Uu][Cc].*[Jj][Pp]\(.*>\)/\1Shift_JIS\2/g
-END-

# chown delegate:delegate /var/spool/delegate/blazer.sed


・ロースペックなサーバの場合(部分文字化けあり)
# vi /var/spool/delegate/blazer.sed
-新規-
s/\(<[Hh][Ee][Aa][Dd]>\)/\1<meta http-equiv="Content-Type" content="text\/html; charset=Shift_JIS">/
s/\(<form.*action=.*search\.yahoo\.co\.jp.*>\)/\1<input type="hidden" name="ei" value="SJIS">/
-END-

# chown delegate:delegate /var/spool/delegate/blazer.sed


どうも、文字コードをSJISに使用が、プロキシサーバがContent-Typeを送ろうが、metaタグでHTMLに書かれてなければ、文字コードを誤認識するみたい。なので、強制的に、HEADタグの後ろにmetaタグを挿入している。
二つ目の分は、Yahooの文字化け対策です。
3つ目と4つ目はHTMLのBody部で局所的に外部HTMLをCharSet指定で呼んでいる部分を置換してます。ただ、結構負荷が掛かるので、ハイスペックなサーバじゃないと、ちょっときつい・・・


10. Delegateサーバの再起動(設定変更時等・・・)


# /var/spool/delegate/start.sh





これで、Blazerの場合プロキシ設定で、プロキシサーバとポート番号を指定すればOK。プロキシ認証を使用する場合は、アクセス時にユーザ名とパスワードを入力する。おそらくSSLなサイトもこれでOKなはず。

VersaMailの場合は、普通と違う設定にするのは、POP,SMTPサーバがこのプロキシサーバのホスト名で、ユーザ名(アカウント名)のところが、「ユーザ名@本当のPOPサーバ名」になる(「@」で挟む)。あと、上記の設定の場合ポート番号も変更しているので、合わせて変更する。SMTPに監視は、ここではプロキシ認証と同じユーザ名とパスワードでSMTP認証させているので、Advanced設定でESMTPにチェック入れてユーザ名とパスワードの入力する。

これで、Blazer,VersaMail共に受信時は全てSJISに変換されて、ほとんど文字化けはしなくなる。VersaMailの送信時もプロキシによって適切にJISエンコードされるので、おそらく問題ないだろう!

POPとSMTPに関してもRELIABLEを入れてるが、HTTPみたいにホットスポット意識するなら要らないかも・・・でもその場合は、POPの接続先サーバを固定しておかないとまずいかも・・

問題は、誰もが自宅サーバを用意できる訳じゃないところかなー・・・だれか、有志で、ASP的にサービスやってくれないですか?

posted by いのたん♪ at 18:39| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(3) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

Blazerで快適ブラウジングを目指す!(目指せ!文字化けゼロ!)

最近のパームにはBlazerというブラウザが標準でついています。OS標準なので、他のアプリからの連携であったり、ネイティブアプリなので、OperaMiniとかと違ってさくさく動きます。

ただ、最大の問題点として、日本語ページが化ける場合があります・・・細かく言うと、シフトJISやEUCは表示できるのですが、UTF-8なページはブラウザがサポートしていない?ので100%化けます。また、シフトJISやEUCであっても、Charsetが明示されていないページの場合、自動判別が出来ず (100%かどうかはしらない。)文字化けします。

最近ではUTF-8なページもかなり増えてきましたので、この制約が全然無視できないんですね・・・

GoogleやYahoo検索やスラッシュドット、はてなRSS等が使えないのはかなり痛いです。また、表示できているページでも一部だけ文字化けしたりして気色悪いのもあります。

そんな事情で、多くの方はOperaMiniを使ったり、併用したりしてるんですね。

そこで、いろいろ調べて見ると、

きょうのOSバカ 使ってますよ、電子小物! - 「Blazer」専用 文字コード変換・画像圧縮Proxy
http://d.hatena.ne.jp/osbaka/19000101

このようなことをされている方を見つけました。他にも「Blazer delegate」などで引っ掛けてみると、いろいろ出てきますね。構築方法自体だと、「圧縮 プロキシ delegate」とかで引っ掛ける方が、たくさん出てきます。この場合、ほとんどがエアエッジ用の圧縮サーバですが、上記リンクはこれらに、文字コード変換を噛ましたものなので、かなり参考になります。

で、早速やってみた!

まぁ、構築自体はすぐ出来たけど、これでも、結構文字化けします。Gmailとか使えないし、Yahooとかも文字化けするし・・・うーん。

・・・要は、テキスト自体はnkf -sでShift-JIS化&半角カナ→全角カナ(特にCJKOSの場合後者がかなりナイス!)には、変換されているわけだ・・・

あとは、ブラウザが誤判断をしない仕組み作りなわけで・・・

一応、delegateのcfiでCharsetを変換しているけど、これが完全じゃないみたい。というか、サイト側で文法間違っていたりするので、完全には置き換わらない。また、Gmailとかだと、"Content-Type"が"text/html"じゃなく"application/xhtml+ xml"なんてのになってる。
スラッシュドットは見れるけど、Googleはやっぱり文字化け・・・

って事で、ちょっと修正。


--
Content-Type: text/
Output/Content-Type: text/html; charset=Shift_JIS
Filter: Filter: /hoge/hoge/put_shiftjis | /usr/bin/nkf -s
--
Content-Type: application/xhtml+xml
Output/Content-Type: application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS
Filter: /hoge/hoge/put_shiftjis | /usr/bin/nkf -s


うーん、いろいろ試すもどうもうまくいかないな〜。・・・put_shiftjisの中身をみると、xmlタグの文字の置換をしてるだけみたいなので、こうなったら、タグに囲まれた、euc-jpやutf-8を全てShift-JISに変えちまえ!


--
Content-Type: text/
Output/Content-Type: text/html; charset=Shift_JIS
Filter: Filter: /usr/bin/nkf -s | sed -f /hoge/hoge/blazer.sed
--
Content-Type: application/xhtml+xml
Output/Content-Type: application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS
Filter: /usr/bin/nkf -s | sed -f /hoge/hoge/blazer.sed


blazer.sed

s/\(<.*=.*\)[Uu][Tt][Ff]-8\(.*>\)/\1Shift_JIS\2/g
s/\(<.*=.*\)[Uu][Tt][Ff]8\(.*>\)/\1Shift_JIS\2/g
s/\(<.*=.*\)[Ee][Uu][Cc]-[Jj][Pp]\(.*>\)/\1Shift_JIS\2/g
s/\(<.*=.*\)[Ee][Uu][Cc][Jj][Pp]\(.*>\)/\1Shift_JIS\2/g



うーん。これで、GoogleやGmailが文字化け無しで見れるようになったぞ!しかし相変わらず、サイトの一部文字化けや、Yahooの検索が文字化け・・・

よく調べてみると一部文字化けのページなどで、



を送ってないサイトがある。たしかこれって、いくつあっても最初のが採用されるだけで、弊害は無かったはず・・・えいっ!


blazer.sed

s/\(<.*=.*\)[Uu][Tt][Ff]-8\(.*>\)/\1Shift_JIS\2/g
s/\(<.*=.*\)[Uu][Tt][Ff]8\(.*>\)/\1Shift_JIS\2/g
s/\(<.*=.*\)[Ee][Uu][Cc]-[Jj][Pp]\(.*>\)/\1Shift_JIS\2/g
s/\(<.*=.*\)[Ee][Uu][Cc][Jj][Pp]\(.*>\)/\1Shift_JIS\2/g
s/\(<[Hh][Ee][Aa][Dd]>\)/\1<meta http-equiv="Content-Type" content="text\/html; charset=Shift_JIS">/g
1s/^\(\)/<!-- あMOJIBAKE TAISAKU-->\1/g
/^$/d


強引にタグの次に付け足す!そして、ついで、おまじないのつもりで、ファイルの先頭にShift-JISで「あ」を埋め込む!Blazerがこれで判断するとも思えないが・・・あとついでに、要らない改行のみの行とか削って気分的にダイエット。ここら辺は好みの問題!まぁ、ここにいろいろ書き込めば、文字化けのスポット対応とかもいろいろ出来そう。これで、ほとんどのサイトが見れるようになったぞ!

しかし!Yahoo検索ができない!

これにはまった・・・検索結果自体は正常に表示されるものの、検索文字列自体の文字コードが関係しているらしい・・・

Yahoo! JAPAN - 自分のサイトに、Yahoo! JAPANの検索窓をつけてみよう
http://help.yahoo.co.jp/guide/jp/ysearch/searchbox/instructions.html

むー。仕様を変更したのか・・・
・・・えい!


blazer.sed

s/\(<.*=.*\)[Uu][Tt][Ff]-8\(.*>\)/\1Shift_JIS\2/g
s/\(<.*=.*\)[Ee][Uu][Cc]-[Jj][Pp]\(.*>\)/\1Shift_JIS\2/g
s/\(<[Hh][Ee][Aa][Dd]>\)/\1<meta http-equiv="Content-Type" content="text\/html; charset=Shift_JIS">/g
1s/^\(\)/<!-- あMOJIBAKE TAISAKU-->\1/g
/^$/d
s/\(<form.*action=.*search\.yahoo\.co\.jp.*>\)/\1<input type="hidden" name="ei" value="SJIS">/g


nkf -s で変換かけた後のページだから全部S-JISなので、ヤフーの検索窓っぽいformに上記URLで書かれているタグを付け加えてやる!一応ヤフーのトップページや、ヤフー検索のページにもマッチする。で・・・

キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!


これで、少し巡回した限りでは、文字化け無し、Google,はてな,Yahooなどなど・・・

不具合としては、

・GoogleやYahooのトップページに日本語が入力できない

なぜ!いや、文字入力は出来るが、すぐに確定されてしまい、日本語変換できない・・・テキストサイズをオーバーするまでグラフィティを「。。。。。。。」って感じでタップして、blazerのテキスト入力ボックスを出せば出来る。また、ソフトキーボード出してももちろん可能。でも普通に入力できるボックスもあるから、法則がわかれば、blazer.sedで置換できるかな?ちなみに当方ATOKです。POBoxならOKなのかな?

どうしてもめんどくさいときはYahooやGoogleの検索窓をのみのページでも自分で別に作ればOK。公開されているコードの場合は入力できる・・・


・SSLなUTF-8なページが文字化けする。(はてなのログインぺーじとか・・・)

これは、仕方ない話ですが・・・とりあえず、Blazerのプロキシ設定はhttpでもhttpsでも共通で使ってしまうのでSSLなUTF-8なページはプロキシはずすか、化けた文字をがんばって解読しかないかなー。


でも、普通に使う分にはまったく問題ないレベルです。超快適です!

ってか、世界に売り出してんだから、文字コードの実装ぐらいキチンとしたの乗っけて売って欲しい・・・>palm

posted by いのたん♪ at 23:01| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

freedom mini keyboardカムバック&いつの間にかドライバアップデートで完全対応?

2度の長旅を経て再再度手元に戻ってきたfreedom mini keyboard!なんか去年の12月に買ってやっと普通に使える日が来ました。

1回目は"W"キーの府庁で2回目が"V"キーの不調・・・地雷かこれは・・・でもこの類のものはこれ以外ないので、我慢我慢・・・

で、今回は一通り試してみるも不具合はなしっぽい。そして、freedomのPalmドライバダウンロードサイトに行って見ると・・・なんと、更新日付が07 Jul 2006 02:59 PMに!ドライバが更新されてる。しかも何のアナウンスもなしに・・・

もちろん例の不具合が直っている事を期待しつつ・・・ダウンロード&インストール&起動!

おぉ!なんか前と違って最初に「freedom mini keyboard」か「freedom keyboardII」かデバイスの種類を聞いてくる!確かに前のドライバと違う!

でペアリングして、入力・・・

キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

ここのマニュアルのPPCのキーアサインがほぼ完璧に機能している〜!

以前不具合を書いた「123/num」キーを押しながらの記号入力時の挙動が全てキープリント通りに動きます。そして、不満としていた方向キーも"Alt  gr"キーを押しながらでOKなので、快適快適です。FEP Toggle入れておけば、"Start"キー2度押しでFepが切り替わります。Ctrl+CやCtrl+Vのコピペも効きます。

とりあえず、合格点です!!・・・が、あえて要望を書くならば・・・

・メニューを出せるようにして欲しい!まえは本当の動きではないとはいえ、Num+UやNum+Wで出てたので、無理ではないはず!あと、幾つかのシステムコマンドもがんばって・・・検索とか・・・(出せるの?だれか出し方教えて!)
・文字列選択ができるようにして欲しい!(シフトを押しながら、方向キーを押しても選択状態にならない・・・Ctrl+A   で全選択はできるのだが・・・)
・ハードボタンのエミュレートをして欲しい!

ぐらいかな?とにかく使い勝手が飛躍的にアップしたことは間違いありません!かなりのキラーですよこれ!

Freedom Mini Bluetooth Keyboard (English), #MINIBTKBD - eXpansys Japan
http://www.expansys.jp/product.asp?code=124250

# 円安でどんどん高くなってる・・・おれが買ったときは6千円台だったのに・・・
posted by いのたん♪ at 00:23| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

ショック・・・

T|E2落とした・・・アスファルトに・・・カバーしてなかったので、傷いきまくり・・・あぁorz
posted by いのたん♪ at 18:13| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

My T|E2(Tungsten E2) その4

ユーティリティ
ファイラー。とりあえず、入れておいて損はないですね。私の場合SDカードに入れてます。なんとなく・・・
ごにょごにょする場合には、McFileが必要になることもありますが、とりあえずはこれでおk。
スクリーンショット撮るのに使ってます。(こっちは設定アプリ)
PalmOS5.4のNVFS機専用のバックアップソフト。個人的にはPCのイメージバックアップの類に近い印象。これをSDカードにインストールしてバックアップしておけば、ハードリセット後すぐに日本語化も含めて環境を戻すことができる。
DA
テキストを選択して簡単に括弧で括ることができる。
リスト文を簡単に作成できる便利なDA
スクリーンショット撮るのに使ってます。
半角と全角を相互変換できる便利なDA。CJKOSの場合、メモなどで、半角カナで文字化け確定文字列を全角カナに変更して見るなど結構便利。


posted by いのたん♪ at 17:53| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

各日本語化ソフトの比較

思いつきで書き殴り・・・私の知りうる限りの各PalmOS5対応日本語化ソフトの特徴について箇条書き・・・・間違いや追加事項あれば、ご指摘願います。

1. CJKOS
DYTS
http://www.dyts.com/en/index.html

メリット
  • 香港版などではROM焼きされている場合もあり、オフィシャル日本語化ソフトとも言える。
  • フォントが選べる!
  • メモリに優しい。(サイズが小さい。)
  • On/Offに再起動不要
  • 外国産ソフトとフォント関連の相性がいい。
    • TMP
    • CardTXT
    • DateBK
    • Web(Blazer)
    • Calendar(アジェンダビュー)
  • ミディアムとラージフォントに関しては日本語フォントもボールド表示が可能。
  • 文字間の調整が可能(といっても文字間に1ドットのスペースを入れるか入れないかのみ)で、表示文字数を増やせる。
  • 一部アプリ(Contacts,TimeCopy,NVBackupなど)で日時の日本語表記が可能(中途半端な部分もあるが・・・例:「1973年11月8」など・・・"日"は???)。
  • HotSyncIDにライセンスされるので、HotSyncIDさえ一緒であれば使い回しが可能?

デメリット
  • 半角カナが文字化けする。
  • 動作が若干遅い?(参考)
  • アプリケーション側で対応していないとsmall/tinyフォント表示ができない。
  • ソフトリセット後に立ち上がってから日本語化をオンするためか、OSが立ち上がったときに少し待たされる。

28$のシェアウェア。現在使用中。使用人口としては少数派でしょうね。フォント原理主義者ご用達ってとこでしょうか?でも、使用条件によっては全然問題ない人もいるのでは?特にZ22などでは(持ってませんが)small/tinyは関係ないですし(ん?逆か?)、半角カナも使ってない人であれば問題なし、外部から入り込むことが多いが、通信機能が限られているZ22ではネットもメールもしないのでこれも問題なしじゃないのかな???メモリもキツイみたいだし。

2. Japon

JaPon v.1.0i ReadMe
http://www5f.biglobe.ne.jp/~T-Pilot/PalmWares/JaPon/JaPon-ReadMe.html

メリット
  • 動作速度が速い。(参考)
  • SelectFontというパッチとの併用で、ほとんどのアプリで強制的にsmall/tinyフォントへの変更が可能。
  • 半角カナが問題なく使える。
  • コマンドツールバーがMenuの2回タップで出現。さらにハードキーにて選択が可能。
  • クリップボードの容量が拡張されている(4KB→32KB)
  • フォントが商用フォント(モトヤシーダ)なので綺麗(個人の主観による)。
  • Agendusのアドレス帳で、五十音での並び替えに対応。

デメリット
  • On/Offに再起動必要
  • フォントが選べない。
  • 日本語フォントが4種類ともボールド対応してない。
  • 外国産ソフトとフォント関連(アプリ側で独自にフォントを持っている場合など)の相性がわるい(対処法はいろいろとあり)。
  • 1ライセンスに付きインストールできるデバイスは1台。

\3,000のシェアウェア。とにかく、英語版は初めてって人には一番お勧めですかね。あとAgendus使いなひとも!ハイレゾを満喫できますし、コマンドツールバーの出し方やハードウェアコントロールはかなり便利(ってかなんで標準でできないの?)!

3. J-OS
(使用経験ほとんど無しなのであまりわからない&間違ってるかも・・・)
Palm OS 5/Garnet用J-OSシリーズ
http://simple-palm.com/josseries/index.html

メリット
  • tspatchとSelectFontというパッチとの併用で、ほとんどのアプリで強制的にsmall/tinyフォントへの変更が可能。
  • 半角カナが問題なく使える?
  • IMEがセットになっており、これだけで日本語表示・入力が可能。(JOS-IMEのみの使用は確かNG)

デメリット
  • On/Offに再起動必要
  • フォントが選べない(フリーの東雲フォント等で固定)。
  • 日本語フォントが4種類ともボールド対応してない。
  • Tiny Fontで第二水準文字に対応していない。
  • 外国産ソフトとフォント関連(アプリ側で独自にフォントを持っている場合など)の相性がわるい(対処法はいろいろとあり)。
  • 「Prefs」で項目右の「・」が「蕗」に文字化けしてて気色悪い(仕様らしいが・・・)。
  • 日本語のファイル名を使ったメモリーカード上のファイルの読み書きに問題?
  • デバイスごとに対応バージョンが違い、それぞれ別ライセンスが必要。

\5,000のシェアウェア。こちらも初めての方にはお勧めですね。国内の販売店ではデバイスとセットで売っているところや、プリインストールで販売しているところもありますしね。何よりも、安心感がありますよね。あと知名度も一番でしょうか?

4. Yomeru5
(使用経験まったくなし)
よめる5
http://www.geocities.com/b_palm_ug/yomeru5.html?200625

メリット
  • フリーで使える。
  • ???
デメリット
  • ???

フリーウェア。バージョンアップがとまってるみたいですがどうなんでしょ???



最後に暇な実験・・・それぞれ(Yomeru除く)の日本語化ソフトをOnにしたときのOffFlushでの値を比較してみました。どれも、日本語入力ソフトはオフでソフトリセット直後にOffFlushにてお掃除した時の値です。

Total 9mbで、1が全てOff,2がJaponをOn,3がJ-OSをOn,4がCJKOSをOnのときで、左がFreeで、右がChunkです。括弧内のパーセンテージはそれぞれ一つ目がOffFlushの値そのままでTotalに対する割合です。

  1. 8.9mb(99%)    6.4mb(71%) All Off
  2. 6.4mb(75%)    4.3mb(48%) Japon
  3. 6.8mb(76%)    4.6mb(51%) J-OS
  4. 7.7mb(86%)    5.3mb(58%) CJKOS
[参考]
  • 6.6mb(73%)    5.3mb(46%) 日本語表示全てOff,ATOKのみOn時
  • 4.4mb(49%)    1.8mb(20%) Japon+ATOK
  • 5.4mb(60%)    2.8mb(31%) CJKOS+ATOK
  • 3.3mb(36%)    1.0mb(12%) Japon+CJKOS+ATOK

結局Atokが一番・・・

あと、RAMの圧迫具合も調べてみました。インストール時とアンインストール時でFilezのInfomationでのFreeRAMの減り具合ではじき出しました。CJKOSは本体とcManagerとフォント4種およびUCS_JapaneseJIS.prcのみのインストールです。

  1. Japon→2,379,776 bytes
  2. J-OS→2,445,312 bytes
  3. CJKOS→1,327,104bytes

調べ終わった感想・・・「なんか意味あったのか?これ・・・」
posted by いのたん♪ at 21:06| 大阪 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

My T|E2(Tungsten E2) その3

アプリケーション
メーラーです。T|E2のCDについてくるVersaMailが日本語で難なく使えれば問題ないんでしょうが・・・残念ながら使えません。POPが使えるだけでいいなら、ほかにも選択肢がありますが、POP+IAMP+SSLとなると、これぐらいしかないですね。

しゃあなしで使用とはいえ、機能面では不満はほとんどありません。日本語版がありますし、POP,IMAP,POPS,IMAPS,SMTP,PBS,SMTP-AUTH,SSMTP全て対応しとります。自動でBCC追加の設定もできますし、マルチアカウントもほぼ問題ないですね。ただアカウント毎の署名が設定できないことが少し不満ですが。

シェアウェアですが、英語版Palmでメールするなら「これ」ですね。POPのみの対応でいいなら、フリーも含めていろいろあります。
PaPi-Mail
POPJ+Mail
MyLetter
など・・・そのた、PCと同期するものやら、携帯と連携とって送るものとかありますが・・・
SDカード上のテキストファイルを扱うために使ってます。標準Memoとのインポートやエクスポート機能があるので、本当にMemoはメモ代わりに使って、CardTXTで清書といった感じで使えます。もちろん既存テキストファイルの閲覧用にも使ってます。

ちなみに、CJKOSだと、このCardTXTも問題なくsmall/tinyフォント表示できます。J-OSやJaponだと素直にはできないみたいです。
m515時代から使ってるIPアドレス計算機ですね。便利な人には便利ですね。基数変換もできますし、ネットワーク系の仕事の人にはおすすめ!
IPCalc2.gifIPCalc3.gifIPCalc4.gifIPCalc5.gifIPCalc1.gif

続きはまた今度

ユーティリティ

DA

posted by いのたん♪ at 13:46| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

PowerTips

T|E2だけではないと思うけど、Memoに最初から入っている(PowerTips)ってのをちょっとよく見てみると、いろいろ便利な事が載っている。CalendarやMemoで新しくレコードをつくる時「new」を押さなくてもグラフィティエリアにイキナリ書き込めばすぐに新しいレコードを作成できるのね。しらんかった・・・
しかもCalendarにおいては数字で書き出せば時間から入力が可能になる。知らんかった。常識なのかな?
posted by いのたん♪ at 20:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

My T|E2(Tungsten E2) その2

PIM関連
予 定表兼ToDoで使っています。標準のCalendarも使っていますが、ほとんど、これだけで、やってます。ちょっとマイナーっぽいですけど、いいです よ。1つのビューしかなくて、すぐ拒否反応起こす人も多いと思いますが、突き詰めていくと私の場合、これで十分なんですよね。唯一の不満は、予定のカテゴ リが登録できないことですが、T|E2ではスケジュール確認が主なので、なんとか・・・まぁ、どうして物場合は、標準カレンダーで打ち込めばいいです し・・・。
ただ、JaponやJ-OSの場合は多分Small/Tinyフォント表示が化けるはずです。CJKOSでは大丈夫ですが・・・CodeDriverとか使ったら大丈夫とかなんとか聞いたことありますが。どうしてもフリーな人なら、A5でもいいかも・・・でもあれは表示はシンプルですけど、設定が複雑ですからねー・・・
  • Contacts(標準)
実 質T|E2で使える置き換えアプリが無いため、これを使うことになります。AddrexはT|E2ではレコード削除時にフリーズしますし、T|T3以降の 第2住所などの拡張フィールドに対応してませんし、その他のものは、不具合がなくとも、拡張フィールド未対応です。それに私の場合英語版に合わせた入力の 仕方をしていますので、これで問題ないです。

英語版のアドレス帳を日本人が使うに当たっての一番の悩みどころは「ふりがな」と「住所表 記順」ですね。住所表記はまぁ、慣れの問題で、そのままでは問題ありません。個人的には・・・問題はアドレスですよね。外国にはふりがなの概念がないので、 これを無理やり対応させようとすると、かなり無理が出てきます。と言って、ふりがななしでの運用はそれはそれで日本的には無理があります。ですのでPCと の同期を前提に、PC側ではふりがな運用で、Palm側ではアルファベット運用でいくことを考えます。Palmは英語版なので、アドレス帳の検索はアル ファベットで入力されていることを前提にソートや検索機能がついていますので、これを有効に活用できるような運用は・・・私の場合母艦をOutlookと同期を取り、入力は主にOutLook側で行うことでフィールドの対応を以下のようにしていま す。

  • ふりがな(姓)
母艦のOutLookに普通に入力。母艦のみに保存。(例:鈴木→スズキ)
  • ふりがな(名)
母艦のOutLookに普通に入力。母艦のみに保存。(例:一郎→イチロー)
姓をアルファベットで入力。(例:鈴木→Suzuki)
姓・名を漢字で入力(例:鈴木 一郎→ 鈴木 一郎)

こうすることで、一覧画面では、
contacts1.gif
こんな感じで表示され、姓名漢字表示なので視認性も結構ありますし、姓にアルファベットを入力されていることによって、「Look Up」も使えますし、5wayのみでのインクリメンタルサーチも可能です。そして、詳細表示画面では、
contacts2.gif
こんな感じで、姓名逆転しますので、なかなか見やすいですよ。名が難しい人の読み方がわからないときにちょっと不便ですが、どうしてもの方は、姓にアルファベットで姓名入れてしまえば、OKです。ただしこの場合は、一覧画面で、漢字名が切れてしまう恐れありですが・・・Japon,J-OSで強制スモールフォント表示できるならマシですが。
あと、既存のアドレス帳の変換ですが、これはOutLookのCSVエクスポート/インポート機能と、
ひらカナローマくん(Windows95/98/Me / ユーティリティ)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se253829.html
こんな感じのソフト使えば件数多くても何とかなるのでは?このような運用が不要になったときにはまたCSVエクスポート、ごにょごにょ、CSVインポートでOKですし。

あと、細かいですが、誕生日入力すると、CJKOSの場合、日本語表記になります。

「1970年1月1」

でも1文字足りない。あっ、このフォーマットはPrefsのFormatsで変更できます。なんにしても1文字足りないですが・・・
  • Memos(標準)
個人的には、これが一番使い勝手がよいです。ちょっと高度なことは、CardTXTにお任せです。
  • Note Pad(標準)
手書きメモも個人的にはこれが一番・・・
続きはまた今度

アプリケーション

ユーティリティ

DA

posted by いのたん♪ at 01:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

My T|E2(Tungsten E2) その1

現在私のT|E2に入っているソフトウェア達・・・紆余曲折の末、当初とはだいぶ変わりました。買った当初はいろいろやりたかったので、あれやこれやと入れて楽しんでましたが、最近は安定運用をポリシーにして環境構築しています。

日本語化関連
Japonから乗り換えレジストしました。理由は"軽い"からです軽いという表現はちょっと誤解を招きますねこんなデータもありますし・・・。サイズが小さいと直しておきます。。犠牲にしたものは、大きなものでは、SelectFontによる強制Small/Tinyフォント表示と半角カナ表示で、手に入れたものは、メモリの空きとフォントの自由度そして英語ソフトとの親和性です。

強制Small/Tinyフォントが利かなくなったとはいえ、アプリ側で対応していればもちろん表示可能ですし、英語ソフトで独自にフォントを持っているもの(CardTXTとかTMPやBlazer)とかは逆にJaponでは日本語表示できません(FontShitやCodeDriverならできるのかな?)。元が英語版ですし、今更新され続けているPalmWareは外国産のものがほとんどですので、外国産ソフトウェアとの親和性というのは、結構メリットかなと・・・あと、JaponやJ-OSと違ってOn/Offにリセットがいらないのも細かい事ながら、結構うれしかったりする(Atokも日本語化したままリセット不要でOnできるし)。

半角カナはまぁ、自分ではほとんど使いませんし、我慢できるかな。2chとか見る場合にはきついかもしれんが・・・

とりあえず、設定はこんな感じで使っています。

CJKOS1.gifCJKOS2.gifCJKOS3.gif

でも、なんといってもフォントが入れ替えれるのがとっても楽しいです。こことかここでCJKOSで使えるフォントを配布していますので、気分によって入れ替えるのもいいかも!個人的には、

CJKOSfont1.gifCJKOSfont2.gif
24 → ここのを使ってます。(lageフォントだけCJKOSの設定でBold有効にしてる)

CJKOSfont3.gif
16 → もとゴシックボールド

CJKOSfont4.gif
12 → もとゴシックボールド

CJKOSfont5.gif
10 → もとゴシック

という、グレーな事してますが・・・やっぱり見やすいですよ。(「もと」はわかりますよね?)
16と12をボールドにしているのは単なる好みです。細字にすると表示文字数が増えます。16と24はCJKOSの設定でBoldにすることもできるので、細字を入れてOS拡張で太字にするというのもいいのですが、16で使ったフォントの場合、変になったので、24のみOS拡張で太字可能にし、16はきめ打ちしてます。

やり方は、ここから、MSF2BDF 0.2をダウンロードして、ReadMeをよく読み、5x10,6x12,8x16,12x24dotでそれぞれ変換したいTrueTypeフォントをBDF形式に変換する。変換すると、xxxx.a99とxxxx.k99とxxxx.r99(99は指定したドット)等という3つのファイルができるので、この中の、xxxx.k99のファイルを、ここからダウンロードしてきた、bdf2cjkos.plを使って、prcファイルに変換して、本体に流し込めばOK。もちろんActive Perlをインストールしておく必要があるが・・・"perl bdf2cjkos.pl xxx.k99"
変換時間もほとんどかからない。24ドットのフォントだけ違うのは、この方法で作ったものだと、24だとしっくりこなかったため(ショボカッタ)。


POBoxから乗り換えました。POBoxもよかったのですが、やはり、普段なれたIME感覚で書き込めるこれにしました。こないだ買った赤外線キーボートとの愛称もばっちりですし。このような有難いツールもあるので、とても快適に使えています。
難点は、入手経路と価格ですね・・・入手は、このあたりを参考に・・・まぁ5000円以上払う価値があるかないかはその人しだいですね。
ただ、安定運用の面から考えると、これかなりメモリ食いますので、用途によってはPOBoxのが安定するかも・・・

パッチ
This update allows your device to reset the incorrect password counter to zero each time you enter the correct password.

らしいです・・・(^^;
Connect your Palm handheld and your phone wirelessly to send SMS/MMS or email messages or to access the web.

らしいです・・・702NKIIやWX310Kとつなぐので、一応当てました。
AutoShit嫌いな子なもんで・・・
日本語Fepを入れたときにPrefsのButtonsで★マークの動作が選択できなくなる不具合のパッチ

システム関連
私が説明するまでも無く
Fepの切り替えツールはいくつかあるけど、これが一番スマートなのでは?今は「ABC」に割り当ててます。

fepswitch.gif
電源がOffになるときに自動でDBキャッシュを掃除してくれるツール(実はよくわかってない)。Only on power buttonにチェックを入れると、物理的に電源ボタンを押したときだけお掃除してくれる。CJKOSもATOKもオフにした状態で、起動直後にお掃除した状態だと、Freeが95%Chunkが72%ぐらい。CJKOSのみオンにした場合は82%と52%ぐらいに減ります。たしかこれがJaponだとさらに10%ぐらいへって、J-OSだとそのさらに10%減っていた記憶があります。で、CJKOSとATOKだと・・・56%と33%とかなり減ります。POBoxだとこの減り方の半分以下だった記憶があるから、究極を目指すなら、CJKOSとPOBoxの組み合わせになりますね。日本語化にかかる費用も3000弱ですし・・・(香港版はバンドルといってもその分高いから一緒)

この数字を見出してからCJKOSに傾いたのは事実。あぁ、E2でもROMカスタマイズしたいなー。

ちなみに、ダウンロードには1Srcの登録(無料)が必要です。
時刻同期ですね。母艦側はAdjustClockで同期を取っています。
続きはまた今度・・・

posted by いのたん♪ at 14:43| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

ついに来た!?3GTreo???

Treonauts
http://blog.treonauts.com/2006/08/finally_treo_ni.html#comments

As previously posted, the "Nitro" model will be the first slim(mer), antenna-less, PalmOS powered, 3G (high speed wireless data) Treo smartphone ? at last!


3Gの文字が・・・でもコメントには、否定的な意見が多いですね・・・


I'm confused, will it have 3G or not ?
And what about Wifi ?
I've read from PalmInfocenters that the Nitro will be a "lowrider" device, so it has just the plain old GSM.


むぅ・・・どうなんだ???しかしこれがほんとに3Gなら、ボダのSIM突っ込めるんだよね。

というか、仮に3Gじゃなくても、これ確か廉価版の位置付けだから、価格に結構期待してます。
本当はTreo650とか700pとか欲しいけど、如何せん高い・・・これが、せめて5万以下・・・できれば3万台ぐらいだと、即買いしてしまいそう・・・
アンテナが無いから、普通にPDAとしても見た目おかしくないし(^^;、何よりキーボード付きだし。

でも、どの辺りが廉価版なんだろう?バッテリー容量とカメラの画素数の他って・・・そこんとこちょっと怖いな 〜

まぁ、なにはともあれ楽しみです。
posted by いのたん♪ at 19:25| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

届いた

良品交換に出していたT|E2ですが、今日届いてました。結構というかかなり速かったですね。びっくりです。
早速問題の赤外線をテスト…ばっちりなおってますね。

このエントリーも例のキーボードからしています。快適快適。
posted by いのたん♪ at 23:44| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

良品交換その後

先日こんな記事を書きましたが、その後の顛末です・・

結局あの後、もういちどメール送ってもダメでした。10回ぐらい送ってもダメでした。会社からも送ってみましたがダメでした・・・エラーメールさえも帰ってこず・・・

で、もう一度、asia.service@palm.comに送ると今度は、

「Symantec_Mail_Security_for_SMTP-011@sykes.com」

こんな件名で、エラーが返って来た・・・その後もjp.techsupport@palm.comに何度もチャレンジするも返事なし、asia.service@palm.comに送ってもエラーで帰ってくる・・・

あきらめかけてたときに、だめもとでGMailから送ってみました。すると・・・

Acknowledgement of receipt

お客様へ、

お客様のお問い合わせは、Palmサービスレスポンス・センター(アジア地域にていただきました。ご連絡ありがとうございます。

お客様のメールは弊社サポートセンターより対応いたしますのでご連絡お待ち頂きますようお願い申し上げます。

◎お客様のお問い合わせは24時間以内にお問い合わせの返信を心がけておりますが、原則として翌営業日以降の回答となります。また、混雑時は返信が遅れる場合があります。ご了承お願い申し上げます

◎営業時間:月〜金曜日 午前 9:00 〜 午後 6:00
(祝祭日、年末年始および弊社指定休日を除く)

また弊社ではお客様お持ちのPalmに関する情報最新版、および開発(新機種)情報を以下ウェブサイトにてご案内いたしております。ご参考いただければ幸いでございます。

www.palm.com/jp/

弊社Palmは他のPDAには見られない、エンターティーメント、高機能性、並びにシンプル、な使い心地を約束いたします。またお客様によりよくサポートにより役立つことを心がけております。弊社サポートサービス並びにPalm開発支援フィードバックに関する提案などのお問い合わせ等も歓迎しておりますので、いつでもお気軽に、お問い合わせください。

今後とも、弊社製品を、ご愛用くださいますよう、
何卒、よろしくお願い申しあげます。



自動返信メールキタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

しかし、何が原因だったんだ???IP逆引きできないホストからのメールをドロップしてたのか?でも会社のメールサーバからのメールだと大丈夫だったぞ???有名プロバイダ経由以外はドロップしているとか・・・

まぁ、なにはともあれ返事待ち!で翌日かな?と思っていたら、その日のうちにメールが来た!で、とりあえず文句言ってやろうと色々書いたが、どうも、日本語が怪しいスタッフしかいないようで、マニュアル文しか返してこない・・・もういいです。文句言うのはあきらめました。とにかく交換交換!

なんとか購入1年以内なので無償で出来そうです。無償交換の場合、保証書をスキャナかデジカメで撮ったものを添付する必要があるみたいですが、私の場合無かったので、sparcoで買ったときのINVOICE(送付状)のpdfを送ったらOKでした。

早速本日発送しました。さて、いつになることやら・・・
posted by いのたん♪ at 23:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Palm | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。