2008年10月18日

OpenOfficeのmac版が出た!

うーん。今迄イマイチ弱かったmacのオフィス環境・・・あるにはあったけど、MSOfficeは高すぎるし・・・X11のOpenOfficeやNeoOfficeはイマイチスマートじゃないし。

そして、待望のOpenOfficeのネイティブ対応版!ただ今ダウンロードちう・・・

これが使えるとなると基本的な事はほとんどmacでできるやん!個人ユースに限ってはwindowsに縛られる必要は全くなし。

とはいえ、周りが圧倒的にWindowsだろうから、互換性の問題がやっぱりつきまとうか・・・まぁ、BootCamp(+Fusion)+XPでなんとか乗り切りましょ!

そんな事するぐらいならはじめからWindows・・・って言い出したら元も子もないです。^^;

個人的にMacを選択したのは、

・主要OSで自分が全く触れないOSがあるのが許せなかったから。(エゴ)
・デザインがカッコいいから!
・プライベートは仕事用OSから離れて楽しみたい!

って事なので、いいのです!

まぁ、詰まる所、

Macユーザーは「人と違ったことが好き」、Windowsは「普通が好き」――アスキー調査
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/03/news084.html

こういう事なのかもしれない・・・(^^;
(職種と年収以外は・・・)
posted by いのたん♪ at 22:15| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

[macvcf32csv]アップデートver1.3

ver 1.3(2008/9/6)
・AIM,JABBER,MSN,ICQ,YAHOOアカウントの処理が漏れていたので追加。これで
全部のはず・・・


むう・・・完全に抜けてました・・・ん?という事はYahooアドレスブックとの互換性があがるな・・・


macvcf32csv13.zip
posted by いのたん♪ at 10:08| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

[macvcf32csv]他アドレス帳ソフトからのインポート

まぁ、せっかく作ったので、他のアドレス帳ソフトからどんな具合にインポートできるのか、調べてみました。各ソフトでCSV出力したファイルを睨んで調査しただけなので、実際にはインポートしてません。あしからず・・・

・OUTLOOK
ほとんどの主要項目がインポート可能。といっても使わんだろうという項目においてはインポートできないのも結構ある。カスタム関係者で無理矢理インポートという手はあるけど。それからメールが悩みどころ。OUTLOOKでは会社、個人関係なくメール1,メール2,メール3って入力項目だけど、macのアドレスブックでは勤務先×n,自宅×n,その他×n,カスタム×nって具合に分かれてる。これをどうするか。会社関係だけとかに限ってるなら、すべて勤務先メールにすればいいだろうし、まじってる場合は、カスタムでインポートするか、カテゴリで分けてるならカテゴリ毎にインポートするか・・・メール1,メール2,メール3を運用で分けていたなら、それに合わせればOK。
あと問題が子供。OUTLOOKでは改行で複数人を区別してるが、これをアドレスブックにインポートする場合には、項目に分けなきゃならない。まぁちょっと編集の手間がかかるけど、やってやれない事はないと思う。

・Thunderbird
あまりこれでアドレス管理してる人も少ないかもしれないけど、thunderbirdの場合は追加情報以外はすべてインポート可能。追加情報もカスタム使えばなんとか。


・OutlookExpress&Windowsメール
これはやらない方がいいかも・・・CSVで出力するとデータが欠損しまくる。ふりがなや子供情報などが出力されない。メールも既定の物しか出力されないし最悪・・・vcardで主力しても、メールはすべて出力されるけど、ここでもふりがなが出力されず。日本人馬鹿にしてるの?全く推奨できません。

・その他
試してません。何があるのかな?Gmailのコンタクト?Yahooアドスブック?

とりあえず、各フィールドの対応とかをまとめたので公開しておきますね。(Yahooも追加!)

http://spreadsheets.google.com/pub?key=pEHGV61f3fJcG9bwc7xUZbg&output=html

しかし、やっぱり、これだけフォーマットが違うと、自動でやり取りするのは相当無理があるな・・・人によっても違うだろし・・・対応付がきれいに出来るなら、各アドレス帳に合わせたCSV出力とにしようと思ったけど、無理だね・・・コンセプトはあくまで、最小のデータ損失だから・・・
posted by いのたん♪ at 00:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

[macvcf32csv]バージョンアップ1.2

ver 1.2(2008/09/03)
・出力ファイル名を読み込みファイル名+拡張子に変更
・csvの読み込み時、Shift-JISで読み込むようにした。これにより、テキスト
エディタなどでの文字コード変換は基本的に不要になったはず。

macvcf32csv12.zip


ver 1.3
http://gtbleds.seesaa.net/article/106093124.html
posted by いのたん♪ at 12:17| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[macvcf32csv]アップデート1.1

アップデートしました。
変更点は、

・csvの書き出しのエンコードをSJISで出力するようにした。
・エクセルセル内の改行はLFなので、vcardの「\n」をLFに変換するようにした。
(以前はCRLF)
・ということで、Vcardで戻す際もCRLF,LFともに\nに変換するようにした。

です。なので、先ほど言っていたSJIS変換はvcfオプションで実行する前だけになります。

macvcf32csv11.zip


ver 1.2
http://gtbleds.seesaa.net/article/105947821.html
posted by いのたん♪ at 00:43| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[macvcf32csv]注意事項

書くの忘れてましたが、書き出したcsvファイルはテキストエディタとかで、sjisに変換してからエクセルで編集して、終わったらUTF-8(BOMなし)に戻してからmacvcf32csvを実行してvcard出力させてください。
posted by いのたん♪ at 00:03| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

アドレスブックのデータをCSV変換して一括編集![macvcf32csv]

macに移行して数ヶ月、なかなか楽しませてもらってます。しかし、一つ困った事が出てきました。macの標準のアドレス帳ソフトの「アドレスブック」です。

ソフト自体は結構使い勝手はよくて、データ項目もフレキシブルに入力できたり、ないフィールドは自分で作れたりします。

しかし、このフレキシブルさが仇になったのかどうか知りませんが、このアドレスブックはエクスポート方式がvcardか独自形式しかないのです。

で、なにが困ったかというと、私はたまに、アドレス帳のデータを一括で編集する事があるのです。ふりがなの形式を変えたり、メールの一括振り分けしたりとか・・・普通の人はあまりやらないかもしれませんが、何かの拍子に登録データをエクセルとかで一括編集できると便利ですよね?

今回は、少しわけあって、ふりがなをローマ字に一括で変換することにしました。ひらがなからローマ字への変換は別ソフトを使うとしても、エクセルで編集できないとちょっとつらいです。vcard形式のファイルではなかなか難しい物があります。

そこでvcardをcsvに変換する様なツールを探していたのですが、なかなかズバリな物が見つからず・・・勝手に項目削られたり、別項目にされたり・・・
アドレスブックのすべてのデータを漏れなくcsvに変換し、編集後のデータを漏れなくアドレスブックに戻したいのです。

でも、探した限りないですね・・・
倒産した前の会社の上司が言ってました。

「ない物は作れ!」

まぁ、それはそうだ。他力本願で文句を言ってても仕方がない。ただ、問題は私のスキルの低さ。
一応コンピュータの世界にいるけどプログラミングはちょっと・・・
確かに、一時期仕事でやってた時が有るけど、かなり前だし、芽が出てたら今もやってる訳で(^^;

でも確か今って、VBとかって一番下のエディションはフリーで公開されてるんだよね。
よし、もうそれでいこう!

で作りました・・・

おかげで、無事1200件以上のデータを一括編集して、戻す事ができました。

へたれプログラミングながら、自分の環境ではなかなかうまく行ってます。
もしかしたら、一括編集以外でも、うまく使うと、

・他のCSVエクスポートできるアドレス帳ソフトからmacのアドレスブックへのの最小限のデータ欠損での移行(ただしインポートするCSVは編集が必要)
・macのアドレスブックから他のCSVインポートできるアドレス帳ソフトへの最小限のデータ欠損での移行(移行するソフトのCSVインポート機能に依存。)

こんなのにも、使えるかも。試してないけど・・・完全自己責任で・・・

まぁ、万一試してみたい方の為に一応ダウンロードできるようにしておきますね。
macの為のツールなのに、VBで作って、しかもGUIも用意せずコンソールアプリなのは許してください。m(_ _)m

詳しい使い方などは、ReadMeにて・・・

macvcf32csv10.zip


ver.1.1
http://gtbleds.seesaa.net/article/105927573.html
posted by いのたん♪ at 13:15| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。