2005年11月26日

[SL-C860] インターネット環境

さて、現在QTに戻っているようですが、問題は貧弱なインターネット関連のアプリ(ネフロ、qtmail)でした。

で、ひざびさにqt環境のことをイロイロ調べていると、最近Webブラウザは、Operaが主流になっているようですね。一昔前は、少し導入に敷居が高かったイメージがあって、しかも日本語入力が不可ってのが定説だったような気がするのですが・・・

今は、ipkで日本語入力可能なOperaが手に入るのですね。

Opera 7.25
http://bryandeluca.com/cacko/feed/opera_7.25-lite-1_arm.ipk
http://bryandeluca.com/cacko/feed/opera-chartable_7.25-2_arm.ipk

日本語化
http://www014.upp.so-net.ne.jp/boxer-j/opera7.html
のopera7-jpn-helper_0.0.2a_qshdlg.ipk

で、それに必要(必須ではないらしいが・・・)な、これ・・・
qshdlg
http://tbox.jpn.org/wiki/linuzau/wiki.cgi?qshdlg

で、日本語入力可能なOperaが使える。Firefoxと違って起動も早いし、これは使える!使い勝手もモバイル用途をよく考えて作られている感じ。まぁ、メニューが英語なことぐらいでしょうか?不満点と言えば・・・

そして、メール・・・これが、昔と今で状況があまり変わっていない・・・GUIで言うと・・・

qpop
良いんだけど・・・開発止まってるし、Sylpheedの代わりには・・・
(カスタマイズ性が・・・)

鳴家
重かったです・・・


CUIで言うと・・・

mutt
昔使ってたし、いろいろ設定も弄れる。

・Mew on Emacs
emacs使えない・・・orz

・Wanderlust on Emacs
emacs使えない・・・orz

PINE
今ちょっと試してますが・・・一部文字化けが・・・設定が多岐にわたるので、弄れば何とかなるかも・・・

って事で、muttに決定!imapしか使わないので、

http://kimux.org/liza/mutt.shtml
の通り
・mutt_1.4.2.1ja1-1_arm.ipk
・libiconv_1.8-2_arm.ipk
・nomail_0.4.10-3_arm.ipk
・qpe-embeddedkonsole-ja ワイド版(mutt使う前からインストールしてましたが・・・)

を入れる。あと、Perlも・・・

うーん、まぁ、軽いし、やりたいことはほとんど出来たしいいかな?

一応、自サーバで、IMAP立てて、サーバ側にて複数アカウントのメールをフォルダ分けして一元管理してるので、folder-hookを駆使して、フォルダでアカウント切り替えして、BCCアドレスや署名、Fromを切り替えて使ってます。そうそう、エディタはZeditor使ってます。

ここら辺は、
http://www.emaillab.org/mutt/linuxjapan.html
が詳しいです。

残念なのは、キャッシュが聞かない事。バーション1.5.7からヘッダキャッシュが聞くようだが、このバージョンでは、毎回全てのメールヘッダを読みに行くのが残念。最初かなりの数のメールが入っていたので、使い物にならなさそうだったが、PCなどで見たときに、古いメールをmuttで購読していない別フォルダに移していく運用で凌いでいます。

1.5.7以前でもパッチはあるらしいのが・・・そこまでの知識は当方ありません・・・だれか〜・・・
http://wwwcip.informatik.uni-erlangen.de/~sithglan/mutt/
posted by いのたん♪ at 23:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

[SL-C860] Bluetooth環境の構築

実は今QTに戻っています。理由は・・・

CFBT02I
http://www.ibsjapan.com/CFBT02I.htm

です。これを手に入れて、pdaXrom で使おうと思ったら、なんとかコマンドラインからは使用可能になりましたが、自動化できず。また、pdaXromでファイル交換なんかのやり方も少し敷居が高かったので、イロイロ実績のあるQTに戻して試しています。

もう直ぐBT対応の携帯(702NKII?)も手に入れて、ダイヤルアップも試したいです。これできると、とっても理想系。言うほどネットしないと思うので、Bitwarp解約した\2,100-でハッピーパケットを補えるんじゃないかと・・・さらに384kbpsの高速通信が可能だし・・・

ってことで、Palm&Zaurus&携帯間のネットワーク構築編の始まり!

まず、いろいろダウンロードしてくる。
bluez_zaurus_2.13_2.4.18_alpha3_arm.ipk
qtopia-bluetoothnetworkapplet_1.0.1_arm.ipk
sudo-0.1.ipk
susp-resume_0.9-3.1.ipk
susp_resume_bluez_0.9.3_arm.ipk

参考URL
http://www.oesf.org/index.php?title=Bluetooth
http://www.areanine.gr.jp/~nyano/cgi-bin/minibbs.cgi?view=1763
http://my-zaurus.narod.ru/bluetooth.html


そして、安全に一つずつインストールしていく。「_」を「-」に変更しろと怒られたら素直に従う。

私の場合。pdaXromでメチャメチャ苦労したのがうそのようにこれだけで使えるようになった。
(まだ認識しただけだが・・・)

そして、またまた、ダウンロード・・・

bluez-zaurus_2.3.0519-1_arm.ipk
を解凍した中にある「control.tar.gz」をさらに解凍したなかにある「/usr/lib/libsdp.so.2.0.1」のみ必要(すいません・・・m(_ _)m)。
openobex_1.0.0-1b_arm.ipk
opd_0.2-1_arm.ipk
glib_1.2.10-0vl3_arm.ipk
obextool_0.2-1_arm.ipk
fd_2.07a-1_arm.ipk
iselect_1.2.0-1_arm.ipk

参考URL

http://homepage.mac.com/tomorrows/zaurus/bt_01.html
http://www.tcp-ip.or.jp/~naorou/linuzau/
http://www.areanine.gr.jp/~nyano/fdclone.html
http://digit.que.ne.jp/visit/index.cgi?Linux%a5%b6%a5%a6%a5%eb%a5%b9%2f%a5%c0%a5%a6%a5%f3%a5%ed%a1%bc%a5%c9

これらも地道にインストールしていく。

そして、
/home/QtPalmtop/qpe.shの

 export LD_LIBRARY_PATH=$QTDIR/lib


ってとこ(2箇所あるが下のほう)を

 export LD_LIBRARY_PATH=$QTDIR/lib:/usr/local/lib


に変更する。(私は両方変更したが、多分下だけでいいはず。)

参考:qpe.sh

次に、/etc/rc.d/init.d/bluetoothを修正。


if [ -x /usr/sbin/opd ]; then
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib:$LD_LIBRARY_PATH
daemon /usr/sbin/opd --mode OBEX --channel 10 --sdp --daemonize --path /home/zaurus/Documents/bluetooth
fi





if [ -x /usr/sbin/opd ]; then
killproc opd
fi


を追加する。追加箇所は・・・

参考:bluetooth

もちろん、/home/zaurus/Documents/bluetoothフォルダは作成しておく。ここに受信したファイルが入ります。

次に、/etc/fd2rc に


bind 'B' "btobexpush %C" WARNING_BELL


を追記。これでFDでファイルを選択してShift+Bでiselectのファイル送信先選択画面に!

あと、以下のファイルを作って、権限変更。(これらのファイルは参考URLからダウンロード可能。)

# vi /usr/local/bin/btobexpush
#!/bin/sh
`egrep -e ^[^#] /usr/local/bin/btobexpush.def | \
iselect -f -a -t "Select Bluetooth Device..." | \
sed -e "s/\([0-9a-fA-F][0-9a-fA-F:]*\)[ \t][ \t]*\([0-9][0-9]*\)[ \t].*/
obextool push $1 \1 \2/"`

# vi /usr/local/bin/btobexpush.def
# Bluetooth OBEX OBJECT PUSH Selecter Definition
# [BT Address] [Channel] [Device Name (comment)]
# FF:FF:FF:00:00:00 10 myself
xx:xx:xx:xx:xx:xx 1 T|E2

# chmod 755 /usr/local/bin/btobexpush


btobexpush.defに書くアドレスとチャンネルは

$ sdptool search OPUSH

で調べる。

詳しい使い方などは参考URLを参考にすれば分かります。

これで使えるようになったはず!と思いきやこれだけでは、無理でした。そうです。予めダウンロードしておいた「libsdp.so.2.0.1」を使っていませんね。えーと、この状態で、

# /etc/rc.d/init.d/bluetooth restart

すると、libsdp.so.2がないって怒られちゃいます。今回使用した「bluez_zaurus_2.13_2.4.18_alpha3_arm.ipk」には含まれていないようです。
ですので、このダウンロードしたファイルを、/usr/lib にコピーして、

# ln -s /usr/lib/libsdp.so.2.0.1 /usr/lib/libsdp.so.2

これで、

# /etc/rc.d/init.d/bluetooth restart

もエラーなしで終わります。とりあえず、Palmとの、メモや写真のやり取りは出来ることを確認しました。ただ、日本語のファイル名やメモ名だと送受信に失敗するようです。

でも、これで、Zaurusで長文を入力して、Palmのメモに転送なんてことがイチイチお互いの鼻を突き合わせてせずに済むようになり、とても便利そうです。あとははやくダイヤルアップがしたい・・・
posted by いのたん♪ at 01:58| 大阪 ☁| Comment(5) | TrackBack(3) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

[pdaXrom] Palmとの赤外線通信

pdaXromと携帯電話とは以前のエントリで、xircpを使って出来てたんだけど、Palmとの通信ができない。

で、なんでかな〜?といろいろ調べてみる・・・コマンドラインで、ir関係のコマンドを調べると、

irobex_palm3

ん? なんだこれ?なんともあからさまな・・・エイ!Enter!

Send and receive files to Palm3
Wating for files

おお!ビンゴ!早速ビーム!ビビビビビッー!

・・・できない。

# ifconfig

lo しかないやんorz

# /etc/rc.d/init.d/irda start
# irobex_palm3
Send and receive files to Palm3
Wating for files

.....HEADER_LENGTH = 3680
put_done() Skipped header 05
Filename = hogehoge
Wrote /tmp/hogehoge(3680 bytes)

成功!でも、受信フォルダは/tmp限定・・・

そして送信は

# irobex_palm3 /home/root/hogehoge
Send and receive files to Palm3

name=test.txt, size=123
This is a Memo pad file

PUT successful

完璧。ただ、注意点はこのコマンドを実行する時には予め赤外線ポート同士を通信できる状態にしておかないと、直ぐエラーになります。(接続先を探す時間が短い・・・)

少しコマンドラインなので使い勝手悪いけど、受信だけなら、これの応用で、なんとか・・・mrxvtじゃなくてもxtermとかでもeオプションは有効なので・・・

それか、/usr/local/binにpalm.shとかを作って、

#!/bin/sh
/etc/rc.d/init.d/irda restart
sleep 5
/usr/bin/irobex_palm3 $1
/etc/rc.d/init.d/irda stop

で、
# chmod 755 /usr/local/bin/palm.sh

これでいいんじゃない(私のスキルはこれで目一杯・・・)?
sleep 5 にしてるのは、起動した瞬間にファイルを送信しようとすると失敗する確立が高いためと、実行までに間をおいてポートの向きを合わせるため・・・
引数なしは受信モードってことで・・・

主な用途はZaurusキーボードで長文入力

# leafpad hogehoge
# palm.sh hogehoge

でPalmのメモに転送ってとこですか?もしくはPalmのデータをZaurusに転送で、メール添付とか・・・

# よくわかってないので、そもそも見当違いのことしてる?識者のコメント待ってます。(^^;
posted by いのたん♪ at 02:19| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(1) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

[pdaXrom] RC12 インストールと設定

最新のRC12の人柱になりました。なんか間違ってたらご指摘お願いします。
今回は基本的には日本語化は最低限にします。また、Web&メール専用マシンとして仕上げます。
また、今回の記事はほとんどコピペです。(^^;

参考リンク
http://pdaxrom.sourceforge.jp/wiki/index?FrontPage
http://blog.g-d-w.net/index.php?categ=1&id=1105371174
http://www2.licorp.co.jp/pugly/zaurus/pdaxrom_1.html

1.下準備
http://212.10.30.205/rc12/Zaurus-7x0-860/kathrin-rc12-corgi.zipをダウンロード

・FATフォーマットのCFカード(もしくはSD)に上記を解凍したものをコピー

・pdaxrom.jpのfeedに反映されてないものをあらかじめダウンロード今回は、
 -sylpheed-jp_2.0.2-1_armv5tel.ipk
 -anthy_6700b-1_armv5tel.ipk
 -vte_0.11.10_armv5tel.ipk
 -gtkterm2_0.2.3_armv5tel.ipk

http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=55807からmonafont-ttf-x.xx.zipモナフォントダウンロード

http://zaurus.spy.org/feeds/jabbath/rc5/からleafpad(leafpad_0.7.8_armv5tel.ipk)をダウンロード

・firefoxのエクステンションも予めダウンロードが吉。(以前firefoxから直接やろうとして失敗した経験がある為)
 -http://benjamin.smedbergs.us/switch-locales/からLocale Switcher Extention(switch-locales-1.0.xpi)をダウンロード
 -http://www.mozilla-japan.org/jp/l10n/firefox/から日本語化Extention(ja -JP.xpi)をダウンロード
 -http://tab-mix.info.tm/から、Tab Mix()をダウンロード

・kathrin-rc12-corgi.zipを解凍したCF以外はSDの以下にDocuments/downloadを作成し、そこに放り込んでおく。(SDカードのext3化が出来ていない場合はext3化の後になる)

・バックアップ
 -電池を外す。(ACアダプターも外しておく)
 -「D」「M」キーを押しながら、ACアダプターを繋ぐ。
 -FATでフォーマットした140MB以上のCFカード(SD)をスロットに入れる。
 -Service Menuの3ページ目の一番上の「1.NAND Flash Back Up」を実行
 -「Backup..."OK"」がでるまで待つべし・・・

2.インストール準備
・ルートを121MBに・・・
 -kathrin-rc12-corgi.zipを解凍したCFを挿入。(SDカードは抜いておく。)
 -電源投入時に[OK]を押しながら投入し、「メンテナンスメニュー」を開く
 -「4.アップデート」→「2.CF」を選択。ダイアログは無視して続行。
 -「3 NAND Flash Utils」→「3 Fix Sharp loader NAND 64MB limit」を実行(再インストール時不要)
 -「OK」を選択してrebootする。
 -リブートプロセスに入ってから画面が暗くなる瞬間に「OK」を押せばそのままメンテナンスメニューが立ち上がる。
 -「4.アップデート」→「2.CF」を選択。ダイアログは無視して続行。
 -「3 NAND Flash Utils」→「1 Resize root partition」を選択
 -「121」を入力(C760,C860のみかな?)。
 -「OK」を選択してrebootする。その後再度メンテナンスメニューを開く。

3.インストール
・インストール準備の最後の作業で3度開いたメンテナンスメニューにて
 -「4.アップデート」→「2.CF」を選択。ダイアログは無視して続行。
 -「1 Install new ROM」を選択
 - 待つべし・・・
 -インストーラに戻れば、「6 Reboot」を実行。
 -リブートは少し時間が掛かるかな・・・
 -zaurus login:のプロンプトが出て完了。ユーザrootでパスワード無しでログインできる。

4.初期設定
・不要なパーティションテーブルの削除
 -# vi /etc/fstab
 -/dev/mtdblock/3 /home jffs2 rw 0 0 を削除

・X起動
 -# startx
 -キャリブレーションを行う。
 -起動

・ネットワーク設定
 -「System Tools」→「LAN & Wifi」で設定

・要らないパッケージを根こそぎ削除
 -「System Tools」→「Package Manager」を選択
 -「Installed」から不要なパッケージを選択
  abiword(ツカワネ!)
  gtkboard(遊べるものがすくないからイラネ!)
  scite(ツカワネ!)
  sylpheed-gtk2(後で日本語版いれるからイラネ!)
 -歯車マークで削除!

・最新化
 -「System Tools」→「Package Manager」を選択
 -「Setting」で入っている設定を「Remove」し、以下の3つを「Add」する(Xが大文字に注意!)
  http://212.10.30.205/rc12/Zaurus-7x0-860/feed/
  http://www.pdaxrom.org/unstable/
  http://pdaxrom.sourceforge.jp/feed/
 -Package Managerを終了する
 -コンソールからipkg updateを実行(もしかしたら不具合出るかも・・・得に実行しなくてもいいかも・・・)

 -コンソールからipkg upgradeを実行
 -もう一度コンソールからipkg upgradeを実行
 -rebootする。

・パッケージ追加(その1)
ネットワークに繋げてパッケージリストを更新しておくこと。
 -「System Tools」→「Package Manager」を選択
 -「Available」から必要なパッケージを選択
  bzip2
  firefox
  gconf
  grep2.5.1
  hc-cron
  inetutils-clients
  less
  lv
  ntpdate
  orbit2
  samba-codepage-932
  samba-common
  samba-server
  timezones
  uim
  vim
  vim-doc
  vim-syntax
  w3m
  x11vnc
 -歯車マークでインストール!
 -reboot!

※このバージョンのviはなんか表示が乱れます。なので、以下できる限りviコマンドをvimコマンドに直したが、直ってないところはvimに置き換えて読んでください。

・SDカードのext3化(今回実際にはやってません)
 -SDカードを挿入
 -umount /mnt/card
 -fdisk /dev/mmcd/disc0/disk
 -mkfs.ext3 /dev/mmcd/disc0/part1
 -終了したら、SDカードを抜いて再挿入

・swap領域作成(32MB)
 -32MBほどのswap領域をSDカードに作成します
 -# dd if=/dev/zero of=/mnt/card/.swap bs=512 count=65536
 -# mkswap /mnt/card/.swap
 -# swapon /mnt/card/.swap →スワップON
 -# swapoff /mnt/card/.swap →スワップOFF
 -# vim /etc/sdcontrol
 -insertの最後(;;の手前)にswapon /mnt/card/.swap
 -ejectとcompejectの最後(;;の手前)にswapoff /mnt/card/.swapを追記
 -# freeで確認

・samba有効化
 -# vim /etc/samba/smb.conf
  [global]
  # workgroup is either a domain name or a workgroup name
   workgroup = WORKGROUP
   log file = /dev/null
  #
  # encrypt passwords is required for Win98, NT and Windows 2000
  #
   encrypt passwords = yes
  
   coding system = utf8
   client code page =932
   force create mode = 0755
   strict sync = yes
   sync always = yes
   security = share
   null passwords = yes
  
   interfaces = usbd0
  
  [all]
   comment = Read only access to /
   path = /
   read only = yes
   guest ok = yes
  [home]
   comment = read/write access to /home
   path = /home
   read only = no
   guest ok = yes
  [SD_Card]
   comment = read/write access to /mnt/card
   path = /mnt/card
   read only = no
   guest ok = yes
 -# /etc/rc.d/init.d/samba stop
 -# /etc/rc.d/init.d/samba start
 -PCと繋いで「System Tools」→「USB」を選択
 -そのまま「Apply」を押す。(結構使うことになる・・・)
 -PCから、「ファイル名を指定して実行」で「\\192.168.129.201」を実行すれば見えるはず。書き込み可能にするには・・・
 -# chmod -R 777 /mnt/card 等とする。
 -事前にダウンロードしたファイルをSD直下にDocuments/downloadを作成し、そこに放り込んでおく。

・SSH有効化
 -rootのパスワードを設定
 -# password
 -PCからputtyやttsshなどで、「192.168.129.201」に接続でいけるはず。

・VNCで繋ぐ
 -「System Tools」→「Internet」→「x11vnc server start」→パスワード設定(最初のみ)
 -PCからvnc viewerで「192.168.129.201」に接続でいけるはず。

・timezone設定
 -# vi /etc/profileで以下を最後に追記
  export LANG=ja_JP.eucJP
  export TZ=JST-09

 -# vi /etc/profileで以下を修正(ついでに・・・\は一回Xから抜けて本体でバックスラッシュで入力)
  PS1="[\u@\h \W]# "
 
 -# ln -s /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime
 -reboot!

・時間あわせ
  -「System Tools」→「Date & Time」で大体合わす。
  -# ntpdate ntp2.jst.mfeed.ad.jpとかでピッタリ合わす。

・ハードウェアクロックの不具合調整(今回バージョンアップなのでまだやっていませんちょっと様子見)
  -# mkdir /etc/cron.5minutely
  -# vi /etc/cron.5minutely/sethwclock.shで以下の内容を記載
   #!/bin/sh
   /usr/bin/sethwclock
  -# chmod 755 /etc/cron.5minutely/sethwclock.sh

・パッケージ追加(その2)
 -# cd /mnt/card/Documents/download
 -# ipkg install anthy_6700b-1_armv5tel.ipk
 -# ipkg install leafpad_0.7.8_armv5tel.ipk
 -# ipkg install sylpheed-jp_2.0.2-1_armv5tel.ipk
 -# ipkg install vte_0.11.10_armv5tel.ipk
 -# ipkg install gtkterm2_0.2.3_armv5tel.ipk
 -# reboot

・フォント関係(日本語フォントのみにする)
 -# vim ~/.xinitrc で上の方(test -f の次ぐらい)に追記(要shinonomeフォント。今回は入れてません。)
  xset fp+ /usr/X11R6/lib/X11/fonts/japanese
  xset fp rehash
 -# cd /usr/X11R6/lib/X11/fonts/TTF ←此処からは必須
 -# rm -rf ./*
 -# cp /mnt/card/Documents/download/mona.ttf ./
 -# fc-cache -fv
 -# reboot

・日本語入力(全/半キーで切り替えする。)
 -# vim ~/.xinitrc で上の方(xset fp rehash の次ぐらい)に追記
  export GTK_IM_MODULE=uim-anthy
  export XMODIFIERS=@im=uim
  
  exec uim-xim &
 -# vim ~/.xinitrc で次の位置に追記
  SL-C860|SL-C760|SL-C750|SL-7500|SL-C700)
   test -f /etc/X11/kb/corgi.xmodmap && xmodmap /etc/X11/kb/corgi.xmodmap
   test -f /etc/X11/kb/corgi.xmodmap_jp && xmodmap /etc/X11/kb/corgi.xmodmap_jp ←追記
 -# vi /etc/X11/kb/corgi.xmodmap_jpで以下を追記

  keycode 130 = Kanji

 -Xを再起動

・Localeを設定
 -「System Tools」→「Package Manager」でfeedに以下を追加
  http://xqt.sourceforge.jp/feed
 -feedを更新して以下をインストール
  gconv-cp932
  gconv-euc-jp-ms
  gconv-iso-2022-jp
  gconv-libjis
  gconv-modules-force-cp932
  glibc-locale-eucjp
 -http://xqt.sourceforge.jp/feedをfeedから削除しておく。
 -# reboot

・bitwarpの設定
 -authdrvを/usr/sbinにコピー
 -# mkdir /usr/etc ←(今回は存在したのでやってない)
 -「System Tools」→「PPP Modem」でbitwarpという接続情報を作成
 -ユーザID,パスワードを入力して以下の情報を入力
  Phone:0570570100##64
  Device:/dev/ttyS3
  Init String:AT&F&C1&D2&K3&S0E0#A1
 -ターミナルから次のコマンドを使って接続
  # authdrv ttyS3 debug call bitWarp
 -はめんどくさいので・・・
 -# cd /usr/share/applications
 -# cp ./pppdialer.desktop ./connect.desktop
 -# cp ./pppdialer.desktop ./disconnect.desktop
 -# vim ./connect.desktopで
  Name=Bitwarp Connect
  Comment=Bitwarp Connect
  Exec=/usr/sbin/authdrv tty3 debug call bitwarp
  に変更
 -# vim ./disconnect.desktopで
  Name=Bitwarp Disconnect
  Comment=Bitwarp Disconnect
  Exec=/etc/ppp/ppp-off
  に変更
 -ついでにleafpadのやつも作っていいかも。
 -# vim ./leafpad.desktopで
  Name=leafpad
  Comment=leafpad
  Exec=/usr/local/bin/leafpad
  Icon=/usr/local/share/pixmaps/leafpad.png
  Categories=Application;Office;
  と修正する。

 -さらについでにGTKTermのやつも
 -# cp ./xterm.desktop ./gtkterm2.desktop
 -# vim ./gtkterm2.desktop で以下の部分を修正
  Name=GTKTerm2
  Comment=GTKTerm2
  Exec=gtkterm2

 -# vim /etc/pcmcia/serialのresumeのところに追記(#cardctl suspendの次あたり)
  /sbin/cardctl resume
  これでサスペンドの復帰時にいちいちやる必要がない。
 -X再起動!

・leafpad日本語化
 -日本語化ファイルダウンロード
 http://gtbleds.seesaa.net/image/leafpad.mo
 -これを/usr/local/share/locale/ja/LC_MESSAGES/に放り込む
 
・Firefoxの設定
 -Firefoxを起動してアドレス欄に以下を入力してエクステンションをインストール。
  file:///mnt/card/Documents/download/switch-locales-1.0.xpi
  file:///mnt/card/Documents/download/ja-JP.xpi
  file:///mnt/card/Documents/download/tabmix-0.1.6.xpi
 -Firefox再起動
 -「Tools」→「Langueges」→「ja-JP」で再起動後日本語化!
 -適当に設定いじる。
 -アイコン変更はこちら

・GTKTerm2の設定
 -# vim ~/.gtkterm2rc ←一回起動しないとできない。
 で、以下のフォントサイズを8から12ぐらいに修正・・・
  terminalFont=Terminal 8→12

・w3mの設定
 -適当に・・・
 
・Sylpheedの設定
 -適当に・・・

・見栄えの変更とか
 -「システムツール」→「Look & Feel」とかで適当に・・・

・アプレットの追加
 -タスクバー右クリックで適当に・・・

・クロックアップ
 -/etc/rc.d/init.d/にoverclock.shを作成して、
  #!/bin/sh
  echo 162 > /proc/cccr_change
 -セーブして属性変更
  # chmod a+x overclock.sh
 -/etc/rc.d/rc5.dからこのファイルにリンクを張る
  ln -s /etc/rc.d/init.d/overclock.sh /etc/rc.d/rc5.d/S90overclock
 -# reboot

確かに若干体感速度が上がったような気もするが・・・そうそう、スタートメニューで上下ともにループするようになったのは便利です。

それ以外は・・・ぼちぼち使いながら、気がついたら報告します。でも最近ホントにWebとメールしかしてないから気付かないかも・・・

その他細かいところは手前味噌ですが、以前の私のLinuxZaurusカテゴリを参照してください。
posted by いのたん♪ at 02:34| 大阪 | Comment(3) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

[pdaXrom] RC11がいつのまにか・・・

いつの間にかRC11が出てるんだね。T|E2にかまけてて気付かんかった・・・

でも、あちらこちら見てると、いろいろと苦労している様子。日本語入力にuimが使えない?とかviが変だとか・・・

とりあえずはRC10で不満は無いわけで、苦労してまでRC11に上げようとは思わないが、そろそろ入れ替えも考えているので、新し物好きの私としてはう〜ん。微妙・・・

あと、PLANEXのGW-CF11X動いたんだね。私は、上司と、BUFFALOのWLI-CF-S11Gと交換してもらったので、問題なかったのだが、現在は店頭では入手不可能だし、これから導入しようとおもっている人にとっては朗報ですね!
posted by いのたん♪ at 00:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

[pdaxrom] 久々のネタ・・・

pdaXrom.jpで、知ったけど、

http://pcweb.mycom.co.jp/special/2005/pdaxrom/

ここで、pdaxromの特集組まれてますね〜。相当詳しく載っています!さすが・・・

で読み進めていくと・・・なんと、この特集から私のこのブログにリンク張られているじゃあないですか!( ̄□ ̄;)ナント!!

しかも、勝手に公開していいのかどうか分からない、leafpadのmoファイルに・・・

でも、おかげさまで、こんな田舎ブログがマニアックネタで、月1万ページビュー稼ぐほどになりました。

ってか、このブログって、実は、「GT.BLEDS」という大阪府箕面市のバスケットボールチームのHP担当のブログという意味合いがあることは誰も知らないのではなかろうか?このベタなブログ名もそのHPの一部であるからである。

まぁ、意味合いがあろうと、バスケとは全く次元の違う話題ばかり書いている私がいけないのであるが・・・

アクセス数も伸びていることだし、ここらで宣伝!
家が近い方、バスケしませんか?詳細は、
http://gtbleds.net/
まで!


# さすがに最近pdaxromが偶にフリーズするようになって来た、使うアプリも絞られてきたことから、そろそろ、ネット&長文メモ専用マシンにしようと、思案中。要するに使用用途を制限して、軽く、安定した環境をつくろうかな?
posted by いのたん♪ at 23:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

Bitwarpカードゲット!

以前にバイクから落として重傷を負ったbitwarpカードですが、今日同じくbitwarpを契約している上司が解約したとの事で、カード本体をそのまま頂きました。

落下のショックでプラスチック部分と金属部分が今にも剥がれそうだったので一安心です。

まぁ本体が痛々しいのは相変わらずですが...
posted by いのたん♪ at 22:15| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

[pdaxrom]知らぬ間に

本家で正式にUPされてますね。

http://www.pdaxrom.org/index.php?showid=42&menuid=11
posted by いのたん♪ at 00:41| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

[pdaxrom rc10]howm-mode.vimで予定&ToDo管理

予定表だけのためにPalmを持ち歩くのも疲れてきたので、pdaxromで何とかしようと考えて、イロイロとネットを廻っていると、howmなるツールを見つけた。

結構有名なものらしいが私は知らなかった・・・。でも、これemacs上で動くもの。

しかしながら、私は恥ずかしながら、emacsは使えない・・・。でも、vimなら何とか使えるので、このhowmのページからリンクの貼ってあった、howm-mode.vimに挑戦した。

とりあえず、Package Managerからvim関連(一応、syntaxとdocも)をインストールし、上記サイトを参考にhowm-mode.vimをインストール。で使ってみたがやはり、ちょっと一覧性がわるい・・・せめて、カレンダーが同時に表示できないと・・・で、またまた探すと、こんなのがあった。

まぁ、これで、何とか使い物になるだろう!もともとたいした予定は無いわけだし・・・

howm-1.jpg

posted by いのたん♪ at 23:56| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

[pdaxrom rc10]GTKTerm2の導入

ターミナルのことはよく分かってないのだが、ターミナルでもuimで入力したく、いろいろ試してみた。その結果個人的に、導入しやすかった(あまり設定が要らなかった)&ビジュアル的に納得したのが、GTKTerm2でした。
で、備考録程度に・・・

pdaxrom.jpのアップローダから以下のファイルをいただきます(ありがとうございます!)。


vte_0.11.10_armv5tel.ipk
gtkterm2_0.2.3_armv5tel.ipk

でもって、いつものごとく、/mnt/card/Documents/download/に入れたので・・・

# cd /mnt/card/Documents/download/
# ipkg install ./vte_0.11.10_armv5tel.ipk
# ipkg install ./gtkterm2_0.2.3_armv5tel.ipk

で素直に入る。このままだと、フォントが小さかったので、

# vi ~/.gtkterm2rc

で、以下のフォントサイズを8から12ぐらいに修正・・・

terminalFont=Terminal 812

あと、メニューに入らなかったので、自作・・・

# cd /usr/share/applications
# cp ./xterm.desktop ./gtkterm2.desktop
# vi ./gtkterm2.desktopで

Name=GTKTerm2
Comment=GTKTerm2
Exec=gtkterm2

Xを再起動する。

これでOK!半角/全角キーで日本語入力切替もできるし、ちゃんとuimで入力ができるし、アンチエイリアスも効いている。でもちょっと文字間が狭いかも・・・どこかで調整できるんだろうか?

ついでにランチャのターミナルも変えておいた。

gtkterm2-1.jpg

gtkterm2-2.jpg

gtkterm2-3.jpg
w3mもアンチエイリアス効いてるぜ!でも以前作ったランチャはどうしよう。今のところGTKTerm2でmrxvtの時の"e"オプションが使えない・・・どうにかなるの?
posted by いのたん♪ at 23:45| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

[pdaxrom rc10]xircpで赤外線通信!

さて、生死の境を彷徨ったSL-C860・・・この前の記事の彼を取った写真は私のvodafone v301SHでとったものである。これをブログに載せるには、メールで送るしかないが、デジカメサイズの写真は写メールできないので、ブログに直接投稿も、PC用アドレスに送る事も出来ないわけで、ならばと思い、pdaxromで赤外線通信を試みた。

まず、APPランチャから[その他]→[xircp]を起動し[Receive]ボタンを押す。

xircp-1.jpg

V301側で赤外線通信を開始。今回ファイル名はV301が勝手につけた「05-06-11_23-37」を採用。
携帯側で送信完了を確認して、[Browse]ボタンを押すと・・・

xircp-2.jpg

入ってる!成功!でも、赤外線通信するときの距離、角度はかなり厳しい。最初無理なのかなと思って何度か試しているうちに何とか成功。でも、結構使えるかも!

と、こんなことで少しの間、使っているが今のところ後遺症もない。正にミラクル!
posted by いのたん♪ at 00:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C860自殺未遂・・・

私は、最近会社には愛車のアドレスV100号で通勤しているのだが、昨日偶々、出かけるときにいつもはかばんに入れるC860をズボンのポケットに入れて出かけてしまった。全ての失敗はここから・・・

新御堂筋をまだ、都心から離れた車の少ない道を快調に走っていた。そのスピード時速約60km・・・

「カシャッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

(・・?

ふと後ろを振り返ると何が起こったのかはすぐに分かった・・・C860君が私のポケットから時速60kmでダイブしていた。\(◎o◎)/!

不幸中の幸いほとんど車は来ている様子はなく、何とかバイクを止めてとりにいけそうであった。

かなり凹んだ気分で、バイクを脇に止め、取りに行こうとすると・・・

「ツッッッッッー」←うまく文字には出来ないが・・・

なんと、C860君惰性で、取りに行くまでもなく私の足元へ、まるで、カーリングのストーンのように滑ってきた。新事実、C860はアスファルトの上でよく滑る!!!・・・orz
少しあっけにとられたあと、ふと我に返り、落ち着いて彼を拾い上げた・・・

恐々見てみると・・・思ったほどは壊れていない。とりあえず原型は留めている。でも良く見ると挿していたbitwarpカードがかなりいかれている。

SL-C860-clash-1.jpg
割れている・・・

SL-C860-clash-2.jpg
恐らく落下の際この部分から落ちたと分析される・・・

そして滑ってきた表面は目の粗いやすりを掛けたようにスジが・・・orz

SL-C860-clash-3.jpg

原型を留めているとは言え、さすがにカードはイカレていると思った・・・いやその前に画面移るのか?まともにうごくのか?

恐る恐るサスペンドからの復帰を試みる・・・・・・・・・

画面が出た!!!!!スゴイ!!

キーは受け付けるのか?

う、動く!!動くぞ!!!スゴイスゴイ!!!!!

カードはつながるのか??さすがに無理かな・・・?でもランプはついているぞ!いけるか!

bitwarp接続・・・

ランプが点滅し始めた!・・・点灯!!!!!!!!!!!!!!!!!

dilloで接続確認・・・"www.yahoo.co.jp"

出たー!!!

いっ、生きてる!生きてるぞー!

と狂喜乱舞!でも傷ついた彼をみて再びorz・・・まぁ、命があっただけでもヨシとしよう。地獄に仏とは正にこの事・・・

結論・・・

SL-C860はアスファルトの上で時速60kmで投げても壊れない!

まぁ、60kmで垂直に叩き付けたわけではないが・・・しかも打ち所が良かったとも言えなくはない。bitwarpのカードがクッション代わりになったのも一つの要因であろう。

これがHDD搭載機だったら・・・
posted by いのたん♪ at 00:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

[pdaxrom rc10]Gnumericの日本語化

とことん日本語化第?弾!こうなったらGnumericも日本語化!行ってみよう!

gnumeric.mo

/usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES/

に放り込むべし!ちなみにバージョン1.5.0です。

gnumeric-1.jpg


gnumeric-2.jpg
posted by いのたん♪ at 01:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

[pdaxrom rc10]dilloの再インストール

RC10をインストールした瞬間に消してしまったdilloだが、なんとなくもう一回入れてみた。CSS未サポートで日本語入力は不可だが、表示は可能。でもかなり軽い!!

これは、w3mとdilloとfirefoxでTPOに合わせて使い分ける効果ありとみた!

でも、なぜかオプションでスタートページを設定しても起動時に上がってこない・・・どうして?
あと、クッキーの処理も怪しい・・・

dillo-1.jpg
posted by いのたん♪ at 18:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

SL-C3100発表!

http://www.sharp.co.jp/corporate/news/050607-a.html

って、まったくもって興味が湧かん・・・要らんコンテンツ山ほど入れて\80,000って・・・おい!

無線LANは〜?内臓マイクは〜?
posted by いのたん♪ at 22:21| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

[pdaxrom rc10] ROXのインストール&設定

標準のmatchbox-desktopは使う頻度が少なく、使い道もイマイチだった・・・。そこで、デスクトップをROXのpinboardに任せてしまう、インストール当初からの企みをやっと実現しました。以下超自己的方法です。

・ROXインストール
 -http://gtbleds.seesaa.net/article/3849344.htmlにてすでに、ダウンロードして/mnt/card/Documents/download/にrox-2.2.0-full.tar.bz2を放り込んでいるので・・・。ちなみにこの解凍作業は本体操作やVNC等でやり、所有権がややこしくなるのでSSHなどではやらない方がいいかも。
 -# cd /
 -# bzip2 -cd /mnt/card/Documents/download/rox-2.2.0-full.tar.bz2 | tar xf -
 -インストール完了
・~/.xinitrc 書き換え
 -# vi ~/.xinitrc
  ##以下コメントアウト
  #if [ -e $HOME/.matchbox/session ]
  #then
  # exec $HOME/.matchbox/session
  #fi
  #
  #if [ -e /etc/matchbox/session ]
  #then
  # exec /etc/matchbox/session
  #fi
  
  ##上記コメントアウトをした直下に以下を追加
  exec /usr/bin/rox --pinboard=mypinboard &
  
  ##以下をコメントアウト
  #eval "matchbox-desktop $MBBGND" 2>/dev/null >/dev/null &
 -X再起動
 -で、いけると思いきや、今度も引っかかった。shared-mime-infoがないと怒られた。
 -PackageMnagerから、「shared-mime-info」をインストールする。
 -X再起動
 -で、いけると思いきや、またまた、/usr/share/mime/globsのパーミッションが何たら怒られる。
 -むむむ。もう一度PackageMnagerを確かめると、「shared-mime-info」がインストールされていなかった。何を勘違いしたのだろうか?もう一度確実にインストールする。
 -X再起動→OK
 -壁紙の変更はデスクトップを右クリック(Fn+タップ)で・・・
 -その他設定は適当に・・・

ROX-1.jpg
インストールしたて・・・

ROX-2.jpg
壁紙設定後

ROX-3.jpg
デスクトップショートカットにSDカードを追加して名前を「SDカード」に・・・ショートカットキーも設定(Ctrl+S)。この感じでアプリケーションもすれば、qtのkeyhelperもどきに使えるかも!

ROX-4.jpg
グラフィカルなファイラになった!いろいろとファイルの関連付けなども変更できる。

ROX-5.jpg
オプション設定も全て日本語!


続きを読む
posted by いのたん♪ at 21:45| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

2chから

いつの間にやら、2chから「pdaxrom RC10のインストール&設定」にいつの間にかリンクが貼られていた。

どうも、最近リファラなしでのアクセスがやたら多いので何故かなと思ったらこういうことでした。個人的には自分の書いたものを見てくれるのは嬉しいので、OKなんですが、なんか恥ずかしいですね・・・ここで紹介されたりもしてて、まぁ、ニッチな部分の話なので、爆発的なアクセスではないんですけど。
posted by いのたん♪ at 00:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

[pdaxrom rc10]ちょっと使いやすく

かなり個人的tips&たいしたこと無いことだが、備考録程度に・・・

SDカードに作成したDocumentsフォルダをhomeのDocumentsフォルダにした。

# cd /home/root/
# rm -rf Documents ←もちろん中身が無いことが前提。私は全てSDカードに放り込んでいた。
# ln -s /mnt/card/Documents ./

これで、leafpadのドキュメントオープンとか保存がしやすくなった。
posted by いのたん♪ at 12:47| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

[pdaxrom rc10]w3mをメニューから起動part2

このあいだ、「w3mをメニューから起動」でやった設定はいろいろ問題が出てきた。文字色がaltの表示とかぶって見難いし、いちいちフルサイズに手動で切り替えなきゃならないし、一番痛かったのが日本語が入力できない。

と言うわけで、

/usr/share/applications/w3m.desktopを修正

[Desktop Entry]
Name=w3m
Comment=w3m
Exec=mrxvt -bg black -fg white -geometry 103x35 -fm k12 -fn r12 -fb r12b -km eucjp -e uim-fep -e w3m [デフォルト起動させたいページ]
Terminal=0
Type=Application
Icon=mrxvt.png
Categories=Network
StartupNotify=False
SingleInstance=False


これで、デフォルト文字色を白で、日本語入力可能状態でフルスクリーン起動する。ただし、日本語入力切替は[Ctrl + J]になる。ちなみに103x35の35はmb-panelの高さを20にしている時の値です。mb-panelの高さによってはかわってくるかと・・・
posted by いのたん♪ at 12:26| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[pdaxrom rc10]住所録

現在住所録はportabaseでやっているわけ(qtの時の遺産である。)であるが、如何せん日本語入力が出来ないために、入力は、母艦から直接zaurusのsdカードのportabaseのファイルをいじるという、まぁある意味効率的なことをやっている。でもやっぱり単体でも入力したいし、pdaxrom版のportabaseはqt版に比べて少し遅いので、apache+php+mysqlで作ってしまおうかと、考えている。

もちろん、そこら辺は素人なので、ここら辺を参考にやってみようかな。

とりあえずはパッケージマネージャから、httpdとphpとmysqlをインストールから始まるかな。時間が出来たらチャレンジしてみよう。
posted by いのたん♪ at 00:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。