2005年05月31日

[pdaxrom rc10]w3mをメニューから起動part2

このあいだ、「w3mをメニューから起動」でやった設定はいろいろ問題が出てきた。文字色がaltの表示とかぶって見難いし、いちいちフルサイズに手動で切り替えなきゃならないし、一番痛かったのが日本語が入力できない。

と言うわけで、

/usr/share/applications/w3m.desktopを修正

[Desktop Entry]
Name=w3m
Comment=w3m
Exec=mrxvt -bg black -fg white -geometry 103x35 -fm k12 -fn r12 -fb r12b -km eucjp -e uim-fep -e w3m [デフォルト起動させたいページ]
Terminal=0
Type=Application
Icon=mrxvt.png
Categories=Network
StartupNotify=False
SingleInstance=False


これで、デフォルト文字色を白で、日本語入力可能状態でフルスクリーン起動する。ただし、日本語入力切替は[Ctrl + J]になる。ちなみに103x35の35はmb-panelの高さを20にしている時の値です。mb-panelの高さによってはかわってくるかと・・・
posted by いのたん♪ at 12:26| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux Zaurus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4031110
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。